素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

交通

【交通】イヤホンで音楽を聞きながらの自転車運転は問題ないのか?

車の運転は、交通法で厳しくなるばかりです。

飲酒運転は一発退場、電話をしながらの運転も問題ありです。

変わりに自転車のマナーが悪くなってきています。

自転車は交通法ででも厳しくないので、マナーが悪いです。

どんなマナーが悪くなってきているのでしょうか?



マナー違反1:電話をしながらの運転

車は電話をしながらの運転は禁止されています。

ですが、自転車の運転をしながらの電話は禁止されていません。

地域によって違うかもしれませんが、基本的には捕まることはありません。

自動車も自転車も一緒で、電話をしながらの運転は非常に危険です。

進むのが遅く、ふらふら運転をし、片手で、運転に集中していないのです。

危ない理由は車と同じです。

車と自転車の違いは何でしょうか?

どちらも危ないのは変わりないです。

マナー違反2:音楽を聞きながらの運転

最近多いのは、自転車の運転をしながらイヤホンで音楽を聞いていることです。

スマホで簡単に音楽を聞けるので、イヤホンで音楽を聞いている人が目立ちます。

危ない理由は、周りの音を聞いていないことです。

車のクラクションも、人の足音も聞こえないです。

危ないとクラクションを鳴らされても、聞こえていないので、事故をおこす可能性が高いです。

そんな状態でも取り締まらなくて良いのでしょうか?

マナー違反3:飲酒運転

飲酒運転は、地域によっては違反になります。

今までは、飲酒をしてフラフラ運転をしていようと、捕まることはありませんでした。

ですが、飲酒運転で捕まえられることになったのです。

ですが、フラフラ運転でも、警察はまだ見逃します。

危ないので早く帰ってねという注意ぐらいで済ませます。

本当に危なくないのでしょうか?

マナー違反4:無灯火での運転

無灯火での運転は、自転車に非常に多いです。

ライトをつけていないと、自分は良くても、周りが困ります。

周りが自転車が来ているから気をつけなきゃということで知らせるライトでもあります。

ライトがついていないと、誰もいないものだと思います。

最近は、自転車が堂々と車道に出ていることが多いです。

いつ事故を起こすかもわからないような自転車が非常に多いです。

マナーは守るべきです。

まとめ

自転車のマナー違反は非常に多いです。

自転車も保険や法律が整備されてきています。

少しでも改善できることを望みます。



-交通