素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

交通

【交通】ヒッチハイクのやり方とコツ

2018/02/21

ヒッチハイクはマイナーな移動手段です。

上手くいかないことも多いです。

テレビでは上手くいっているのを見かけますが、実際はどうでしょうか?

ヒッチハイクのやり方とコツのご紹介です。



ヒッチハイクとは?

ヒッチハイクとは、移動する他人の車に乗車し、目的地まで行く方法です。

道路の脇で行き先を書いたのボードなどを持ち、車に乗せてもらいます。

無理やり車を止めるのではなく、あくまで任意で止まってもらい、乗せてもらいます。

テレビなどではたまに見る移動手段ですが、実際にはあまり見ることはありません。

日本では、まだまだマイナーな移動手段です。

若い人などが、経験を踏まえ実践していることが多いです。

ヒッチハイクで車を止める

ヒッチハイクで重要なことは車を止めさせる方法です。

行き先のボードを持ち、任意で車に止まってもらいます。

ですが、今の世の中、知らない人を車に乗せたいと思う人は少数です。

1時間ボードを手に、車を探しても止まってくれるかどうかわかりません。

確率は非常に少ないです。

コツはできるだけ綺麗な服で、乗せても良いと思えるように見せることです。

汚い服装をしていたり、怪しい人相の人は確率が非常に下がります。

怪しくない見た目が大事です。

ヒッチハイクのメリット

ヒッチハイクのメリットはなんと言っても、交通費がかからないことです。

無料で移動することができ、移動費を別のことに使うことができるのがメリットになります。

■ヒッチハイクのメリット

*移動費がかからない

*コミュニケーション能力が上がる

*友達が増える

*色んな情報を得られる

*移動が楽

他にも上記のようなメリットがあります。

人によりますが、色んな情報が得られるのも魅力です。

地元の人だったら、地元の詳しい話が聞けます。

旅行で行く場合、旅行先の話が聞けたりします。

自分で運転するわけではないので、移動が楽というのもメリットです。

ヒッチハイクのデメリット

ヒッチハイクのデメリットは、危険があることです。

他にもデメリットがあります。

■ヒッチハイクのデメリット

*危険がある

*移動の時間が読めない

*気を使うのがめんどくさい

*根気や体力が必要

*旅行の予定が不明

日本でもヒッチハイクは危険があります。

知らない人の知らない車に乗り込まなければなりません。

それに移動の予定、旅行の予定が全く組めません。

ヒッチハイクに左右されることが多すぎるからです。

女性のヒッチハイクは危険のみ

男性のヒッチハイクは、見ることがあります。

ですが、女性のヒッチハイクを見ることはありません。

それは危険すぎるからです。

知らない人の知らない車に乗り込みます。

相手の好きな所に連れていかれる可能性があります。

ハンドルを知らない人が握っているのは、非常に怖いです。

何があるかわからないヒッチハイクですので、危険がつきものです。

まとめ

ヒッチハイクはお金がない学生がやっていることがあります。

大人でヒッチハイクをしていることは、非常に珍しいです。

どんな相手かわからない車に乗り込まなければなりません。

それなりの対策はした方が良いです。

移動費は浮きますが、危険と隣り合わせという認識は必要です。



-交通