素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

交通

【交通】年末年始の混雑を予想する

毎年、年末年始の時期になるとニュースに流れるのが「混雑」です。

新幹線だと「乗車率150%」

車だと「渋滞30km」

そんな、とてつもないような数字がニュースで流れます。

こんな時期に移動はしたくないですよね。

そんな人の為に、混雑予想をしました。



混雑は、なぜおきるのか?

新幹線、車の混雑は、なぜおきるのか?

それは、みんなが帰省するためです。

当たりまえのことですが、その当たり前を紐解いていきな、混雑は予想をすることができます。

予想をすることができれば、当然ながら混雑を避けることができます。

まずは、「当たり前」を認識する所からご理解ください。

年末年始の休みはいつからか?

混雑をする理由は、皆が民族大移動のように、移動するからです。

それは、年末年始の休みが皆一緒で、同じ交通機関を使うから、混むんです。

2016年-2017年の年末年始の休みは「12/30-1/3」が多いようです。

短すぎると感じる企業は「12/29-1/4」もあります。

どちらにしても、キーの日にちは「12/30」「1/3」でしょう。

その日にちが混む可能性が高いです。

混むの日にちを避けるには?

混む日にちを避けるには、日程を外すことが大切です。

「三が日はゆっくりしたい」

それが誰しもが思うことです。

「1/1」は実家に帰らなければいけないとして、ゆっくりする理由はありますか?

1/1に実家を後にすることができれば、混むことはありません。

そのような外し方も重要です。

混む日にちに移動する場合①

混む日にちに移動する場合、夜か朝に移動するのはどうでしょうか?

少しでも早く帰りたい。

そう思うのなら、夜中か早朝に移動すれば、帰宅後にゆっくりですきます。

夜、早朝の移動はキツイです。

眠たいですし、なかなか移動する気にはなりません。

だから空いているんです。

実際に「高速バス」のサイトで金額を調べれば、解りやすいです。

深夜移動は金額が非常に安いです。

それに比べ、昼間は高く、混雑する予想の日は、異常なほど高いです。

「この金額で高速バスに乗るのか?」「新幹線の金額とほぼ同等」などと思える金額です。

需要があったり、渋滞する予想の日は金額が高いです。

この金額をベースに考えるのもありかと思います。

混む日にちに移動する場合②

混む日にちに移動する場合②は、昼間に少しでも楽に移動する場合です。

*新幹線

万が一指定席が取れなく、自由席になってしまった場合

「のぞみ」なら2号車に乗るか、「のぞみ」を止め、「ひかり」か「こだま」に乗るのが良いです。

「のぞみ」は1-3号車が自由席ですが、席数が2号車が一番多いです。

1号車の自由席は65席、2号車は100席、3号車は85席と数に差があります。

席数で考えるなら、2号車です。

「ひかり」「こだま」は「のぞみ」に比べ遅いですが、席数には余裕があります。

「ひかり」は遅いですが、「のぞみ」に比べそんなに時間が変わるわけではありません。

少しでもゆっくりしたいなら、「ひかり」「こだま」です。

*高速道路

高速道路では、高速道路をやめるしか手がありません。

渋滞は非常に疲れるので、下道でいける所まで行くか、あらかじめ混んでいる所を知ることが重要です。

混んでいる所さえ下を走れば、時間は大きく変わります。

高速道路を降りることも、迂回の1つです。

まとめ

混雑は毎年おこる風物詩です。

真っ向から混んでいる所に突っ込むのではなく、少しでも楽をしたいはずです。

ちょっとの考えだけで、数時間の差や、疲れが違います。

「明日から会社や学校が始まるのに」とすごい疲れて帰りたくはないはずです。

ちょっとの差で変わるので、ちょっとだけ頑張りましょう。



-交通