素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

交通

【交通】電車にバスに車の自動運転は本当に安全でいつから始まるのか?

電車、バス、車の自動運転が始まろうとしています。

自動運転が始まっても、意識しない限り、自動運転かはわかりません。

そこで不安になるのが安全かどうかです。

電車、バス、車で事故があった場合、最悪は命を落とします。

安全かいつから始まるのかは知っておいた方が良いです。

スポンサードリンク




自動運転の安全性

自動運転はモノレールが一番初めに採用されています。

自動運転は最近の技術だと思われがちですが、意外と採用され運行しています。

安全性はバスや車と比べると電車は、安全性が高いです。

AOTシステムというシステムが、すでにモノレールで採用されていて、実働しているからです。

事故などの心配も、事故の情報が多く入ってこないということは問題ないということです。

電車へAOTシステムの移行は問題なく進みそうです。

山手線の自動運転のテスト

山手線の自動運転のテストが始まります。

システムはAOTシステムを採用し、2018年末から始まります。

システムの運行が問題なければ、実働されるのも早いです。

問題あるかの判断には時間はかかると思いますが、自動運転は進んでいます。

ゆりかもめと違い、乗車人数は山手線の方が圧倒的に多いです。

朝のラッシュ、夕方のラッシュは本当に人が多いです。

その時間に耐えられるかが一番の問題になってきそうです。

バスや車も自動運転を目指している

電車に続き、バスや電車も自動運転を目指して進んでいます。

車はスバルが一番進んでいて、他のメーカーも少しづつ進めています。

高速道路の運転は手を放して運転ができるなど、疲れの軽減ができるようになっています。

バスの運転も自動運転を目指しています。

バスは進捗が一番遅いですが、運行台数が減るのが一番の問題になっていて早急の対応が求められています。

電車のように同じレールを進むわけではないので、問題は多いです。

どこまで先に進めるかが一番の問題点です。

人手不足の解消が進むのか?

日本中で人手不足が叫ばれています。

中小企業、工場を中心に人が少なくなってきています。

人の嫌がる仕事に人が集まりません。

労働時間が長い、給料が安い、会社になじめないなどの問題が多く、人手不足になります。

電車、バスの運転手も同じです。

拘束時間は長く、運転中は気を緩ませることができないです。

そのような過酷な状況が長く続けられる人は少ないです。

自動運転は、そのような人手不足を解消する手段です。

created by Rinker
¥2,376 (2019/03/23 00:50:43時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

自動運転化は進んでいます。

モノレールのようにすでに採用されている所もあり、実現するのは早そうです。

自動運転と聞くと心配になりますが、意外と問題ありません。

すでに採用されている技術の転用なら気にすることはないかもしれません。

バスや車の方がどうなるかです。

記事下段に並べてアドセンスを表示

スポンサードリンク







-交通