素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

仕事

【仕事】怒って教える教育は人をダメにする

人に怒って教えるやり方は、昔は多かったです。

何かミスをすると、怒鳴り叱って教えるやり方です。

確かにミスをするとイラっとします。

ですが、その方法間違っています。



怒鳴り教える教え方

ミスをすると怒鳴り、ミスを教えるやり方は非常に多かったです。

少しのミスでも、怒鳴り散らして教える人。

怒るのもパワーがいるので、親切ととらえる人もいます。

怒る人がいるのも幸せなことです。

そのことが世の中に広まっていたため、怒鳴る教え方をしていました。

今の時代は、そのような教え方は古いです。

怒る人がいることが幸せ

怒る人が周りにいることは、幸せなことです。

ミスをして、怒鳴られ、二度とミスをしないように体で覚えさせる方法です。

怒るのは、非常にパワーが必要です。

それに、興味ない人に対しては怒りません。

相手にしていないので、全て流します。

それは誰でも同じことです。

それを考えると、怒る人は貴重です。

怒られると思考が止まる

怒る教え方で問題なのは、怒られる人のことを考えていないことです。

怒る方は気持ちを吐き出すのと一緒に、暴言を言います。

ですが、そこには相手はいなく、自分の気落ち次第で怒ります。

怒られた方は、思考能力が止まります。

相手に合わせようとする人が多いので、怒っている人の言うことを、そのままやります。

そのやることも、考えていないのでミスをします。

それが悪循環となり、悪いサイクルに入ってしまうのです。

怒ることが悪いことではない

怒ることが悪いと勘違いしている人も多いはずです。

怒ることは悪いことではありません。

人に対して怒るということは、その人に対して熱意があるということです。

それに、どうしても教えたいことがある時には声のボリュームが上がります。

そうすると、怒っているのと、同じような効果になります。

怒ることは悪いことではありません。

まとめ

人に対して怒って教えることは、良くないことです。

人の思考能力を奪い、悪いサイクルに入ってしまう可能性が高いです。

ですが、怒らないと場が緩んだままになってしまいます。

上手くコントロールすることが大事です。



-仕事