素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

仕事

【仕事】投資家という職業は誰でもなれる

2017/05/01

投資家と聞くと、すごい稼いでいる。お金を持っているというイメージがあります。

お金を稼ぐには、非常に高いハードルがあるというイメージがあります。

確かに、収入が高い仕事は難しい仕事です。

ですが、投資家には誰でもなることができます。

その理由を説明します。



投資家とは?

投資家とは、投資をして収入を得ている人です。

職業が投資家の人は、意外と多いです。

最近は副業で投資をしている人も多く、投資が身近な物になっています。

不景気の影響や手軽にできることもあり、サラリーマンでも、多くの人が始めています。

将来の不安を投資で埋めていき、将来に備えるのが最近の傾向です。

ですが、日本では投資能力が海外と比べて劣っています。

海外では投資の授業などがあり、日本と比べたら一歩進んでいることが多いです。


投資の魅力

投資は労働賃金と比べ、収入が高いです。

ただしリスクはあります。

そのリスクもどれくらい取るかで、収入の割合が違います。

労働賃金は、時間を犠牲に給料をもらうのに対し、投資は時間は関係ありません。

リスクに対して、もらえる金額が違います。

リスクも自分で選べるため、全てが自分で決めることができます。

結果的には自分で自分の収入を決めることができるのです。

収入が少ない場合はリスクを取り、収入を増やすことができます。

労働収入では、そんなことは簡単にできません。

審査などがあり、収入が上がるかどうかです。

それと比べたら、収入の面では、非常に魅力的です。

投資にはセンスが重視される

投資にはセンスが重視されます。

どんなに頭が良くても、勉強ができても投資で勝てるわけではありません。

運や時代の流れを読む能力なども味方につけなければ、勝つことはできません。

頭が良くても、勉強ができても無関係なことです。

その分、勝ち方がわからず右往左往する人が多いです。

ネット上で出ている情報は、右往左往している人の情報が多いです。

センスと呼ばれるものがなく、解決策が見つからない場合が多いです。

そこを上手く潜り抜けられれば、高収入が約束されます。


投資家には誰でもなれる

投資家には誰でもなることができます。

珍しい職業の投資家ですが、実は簡単になることができます。

投資を始めることは、近年非常に簡単だからです。

例えば、少しでも投資で勝つことができれば、投資家という肩書が手に入ります。

それにパターンさえ覚えれば、勝つのは簡単なことです。

金額は少しですが、勝って投資家になることは簡単です。

まとめ

投資家と聞くと、難しいと思うかも知れません。

ですが、投資家になることは非常に簡単です。

投資で難しいのは勝ち続けることです。

その難しさがあるからこそ、投資家が少ないのです。



-仕事