素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

仕事

【仕事】社内の飲み会で説教を減らす方法

2016/12/03

社内での飲み会が減ったとはいえ、まだ社内の飲み会は存在します。

忘年会、新年会、何かの節目など、なにか理由をつけての飲み会。

正直、お金を払わずに美味しい物が食べれるのは良いとしても、お説教になるのは嫌という人は多いはずです。

そんな人の為に、お説教を減らす方法をまとめました。




なぜ説教になるのか?

社内で飲みに行った時に、なぜ説教になるのか?

理由は簡単です。

「説教されている人が本当にダメか?」

「話題がないのか?」

ほぼ上記の2つです。

社長は会社が持ち物であり、代表取締役なので、社員のケツは叩きます。

それはわかりますが、他の人の説教は「話題がないから」の理由が多いです。

説教から解放される方法①

簡単な方法は「自分から話題を振る」ことです。

自分が話題を振れば、その話題で話は進みます。

自分の振った話題なら、話を進めることは容易です。

その話題が進むうちは、説教はないでしょう。

説教から解放される方法②

話続けることが大事です。

話題がなく、黙ってしまうと場が沈黙します。

そうすると、話題を振るために、説教が始まります。

自分が話続ければどうでしょうか?

説教する時間がありません。

同じテーブルで話題が2つということは、ほぼありません。

話を続けることは説教を減らすことにつながります。

説教から解放される方法③

完璧な人間になる。

説教されないぐらい完璧な人間になることは重要です。

完璧な人間になれば、説教される前に言い返せます。

言い返せば説教ではなく、言い合いなので、説教ではありません。

これも重要なことです。

説教から解放される方法④

説教する上司の上の立場の人間になる。

上司に説教をする人は、ほとんどいません。

ということは、説教をする上司の上司を目指せば良いのです。

逆に説教してやりましょう。

説教から解放される方法⑤

説教をする人の上司を連れていく。

説教をする人も、自分の上司の前では説教をしずらいものです。

それを利用して、説教タイムをガードしましょう。

まとめ

飲み会の中で説教をする人は決まっています。

その人を見極め、説教をされないことを目指しましょう。

どうせ時間を使い飲み会に参加をしているなら、楽しく飲みたいものです。

説教を回避し、楽しい飲み会になるように心がけましょう。



-仕事