素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

仕事

【仕事】結局はどんな仕事でも最低限のコミュ力は必要

コミュニケーションが取れない人が増えています。

意思の疎通がうまくいかない。

何を考えているのかがわからないなどです。

低年齢層に多く、人との繋がりを最低限にしたい表れでもあります。

そんなことでコミュニケーション力が落ちています。

ですが、最低限のコミュニケーション力は、どんな仕事にも必要です。



コミュニケーション力が落ちている

コミュニケーション力が、非常に落ちています。

人と上手く話せない、面と向かって話せないなどです。

文明の進化により人と対面して話すことが減りました。

変わりにメール、電話などが発達していて、対面することが減っているのです。

ですが、重要なことは対面して話すコミュニケーション力が必要です。

退職願をメールで提出する人が問題になっていますが、結局はコミュニケーション力が低いからです。

どうやってもコミュニケーションは取らなければならないのです。

人との接点が少ない人ほどできない

人との接点が少ない人ほど、コミュニケーションが取れないです。

「あー」「うー」などの擬音が多く、結局は何を言っているのかがわからないという人がいます。

「友達とどうやって話しているんだろう?」などと疑問に思う人も多いです。

仕事だからできないのではなく、明らかに普段もできていないのです。

そんな人は人との接点が少ない人が多いです。

友達が異常に少なく、人との距離感がわからないのです。

異常に近づいてくる人もいますが、その方がまだ良いです。

距離がわからず、近づけないまま大人になってしまったら、後戻りができなくなります。

気が付いた時点で修正するべきです。

どんな仕事でもコミュニケーションは必要

どんな仕事でも、最低限のコミュニケーションは必要です。

よく工場は人と話さないから良い、トラックの運転手は運転しているだけと言われます。

ですが、そんなことはありません。

最低限のコミュニケーションは必要です。

まず工場は人がいれば、コミュニティができます。

誰かを中心に人が集まります。

輪に入れなければ、仕事がやりずらく、意思の疎通が取れません。

そんな人は辞めていくことが多いです。

トラックの運転手も、大半は運転しているだけです。

ですが、仕事を貰う時はコミュニケーションが必要です。

自分の意見を言わないと、何も進みません。

最低限のコミュニケーションは必要

最低限のコミュニケーションが取れなければ、何もできません。

声が小さいなど物理的な物ではなく、何を考えているかわからない人は致命的です。

一生一人で生きていく覚悟があれば問題ありません。

ですが、若い時は何とかなっても、歳を取るとどうにもなりません。

自分の力だけで生きていくことが困難になるからです。

最低限のコミュニケーション力は生きていく上で、絶対必要な能力なのです。



まとめ

コミュニケーション力と言っても、ピンとこない人も多いです。

自分の状況がわからない人が多いからです。

そんな時は友達の人数を数えればわかります。

人より多いですか?少ないですか?

それによって、計ることはできます。

-仕事