素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

企業

【企業】スーパーライフの店員の対応が悪く二度と行きたくない

2018/05/06

スーパーのライフをご存知でしょうか?

首都圏、近畿をメインに260店舗以上店舗があるマンモススーパーです。

資本金100億円以上あり、スーパーの中でも中堅以上の大きさはあります。

そのライフの店員の対応が非常に悪いのです。

店員の対応は普段気にしないと思いますが、ライフは目につきます。



事例① 質問に答えられない

大きなスーパーに来店すると、何がどこにあるのかわからない場合があります。

そんな時は、店員に商品の場所を聞いた方が早いはずです。

ですが、ライフの店員は商品の位置を把握していないので、聞いても無駄になります。

店員の回答で多いのが「あっち」「こっち」などが多いです。

正確な位置を把握していないのです。

もっと最悪の場合「置いてません」という回答になります。

ですが、実際は置いてある場合があり、その場で適当な回答をしている場合が多いです。

事例② 割引シールが適用にならない

非常に多いのが、割引シールが貼ってあるのに、適用されていない場合です。

これは表示している価格と違うので、詐欺に当たるはずです。

夕方にスーパーに行くと、賞味期限が近い物には割引シールを貼ることがあります。

値段を引いてでも、その日に売りたい物は、そのような対応が多いです。

ですが、ライフの場合、割引の物をレジに持っていてっも、割引されていないことが多いです。

安い物を買ったつもりが、安い物を買っていないのです。

購入後、全ての品物と金額を照合する必要があります。

ライフで買い物をする場合、全ての商品をチェックし、変な所がないかを確認してください。

最悪の場合、割引ではなく、商品が違うもので、高額の商品を購入したことになっています。

店員は一切信用しないでください。

事例③ 大切なことを最後に伝える

ライフでお中元などを頼む場合、注意が必要です。

全ての受付やお会計を済ませた後、商品が売り切れと伝えられます。

一番重要なことを最後に伝えるのです。

これは何回もあるので、おそらくマニュアルで最後に伝えるようになっているはずです。

自分のミスなのに「なかったから別のを選んで」と言われます。

もちろん謝罪の言葉もなく、無い物を選んだお客が悪いということを伝えられます。

このような対応が非常に多いです。

事例④ お客さんを平気で待たせる

ライフの店員は、店員同士のコミュニケーションが取れていません。

お客様カウンターで30分以上待たされることが多いです。

それが残念なことに、どのお客さんが来ても、そんな対応なのです。

お客様カウンターを使おうとすることを辞めた方が良いです。

基本的に回答はありません。

そして、店員から店員へと、担当者を何回も変えられ、たらい回しにさせられます。

次々に別の店員が訪れ、わからないということで、別の店員を呼びます。

質問内容は「送った母の日の到着予定日」です。

パンフレットには〇日~〇日と書いてありますが、正確な日にちを知りたいだけです。

ライフではなく、イオンでは即回答をいただけました。

まとめ

ライフは行ってはいけないスーパーです。

店員の対応が非常に悪く、信用ができません。

ここまで信用ができないと、賞味期限なども信用ができなくなります。

賞味期限内のシールに張替えや、高い品物にシールを張り替えるなども疑ってしまいます。

もう少し、まともな店員はいないのでしょうか?



-企業