素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

企業

【企業】トップバリュ製品のアタリハズレの多さにビックリ

イオンで有名のトップバリュ商品。

その中でアタリ、ハズレが多いのにビックリしている人が多いです。

プライベートブランドは、全てアタリではありません。

評判が悪い商品はハズレが多いです。

その理由も、作り方を知れば納得がいきます。



プライベートブランドとは?

プライベートブランドとは、スーパーなどが発売している商品を真似たりして発売している商品です。

自社製品というとカッコイイですが、真似ている物が多いです。

自社で製造を完結しているので、非常に安いです。

すでに発売している製品の3/4ぐらいの金額が当たり前です。

安さにつられて似たような商品を買ってしまうという人が多いです。

味より金額というのがうけています。

トップバリュの商品はハズレが多い

トップバリュの商品は、非常にハズレが多いです。

理由は原産国が中国を基本として、聞いたことがない国で作っているからです。

以前は原産国を書かなかったので、書いてあるだけまともな対応になりました。

ハズレの話は非常に多く、ネットなどで調べればすぐにわかります。

アタリ、ハズレは本人の味覚で変わります。

ですが、その味覚の違いさえも超越している味なのです。

怖いもの見たさで買って食べる人がいるぐらいです。

形や似た物を作れても本当の味にはならない

プライベートブランドで多いのは、似た味にしかならないことです。

食べ比べをしたことがある人は少ないと思います。

ですが、何か違うと思った人は多いはずです。

安いから、こんなもんと思っている人も多いはずです。

それがハズレの商品だと、食べることができないぐらいの味に仕上がっているのです。

試食をしていないなどの噂が出てしまうぐらい、強烈な味なことは間違いないです。

どうやって作っているのか?

プライベートブランドは見本の味に近づけるようにしています。

見本に対して原価を抑え、安く売る方法を取っています。

見本があれば同じような物は作れます。

ですが、原価を抑えるために安い材料を使っています。

それに、安く作れる国で作っています。

そのような努力があり、商品が安いのです。

日本産と海外産ではできあがるものが違います。

海外では同じものが作りにくいです。

まとめ

プラベートブランドは安くてお得です。

ですが、あくまで美味しかった場合のみです。

ハズレの物も非常に多いです。

アタリ、ハズレはよく見極めて買うべきです。

美味しい物のみを買って食べるべきです。



-企業