素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

企業

【企業】モンテローザ系列の居酒屋が大量閉店で人手不足が表沙汰に!

2017/03/31

居酒屋モンテローザ系列のお店が大量閉店しています。

原因は人手不足でお店が回らなくなったためです。

好調のモンテローザで人手不足が明るみに出てきました。

今後はどのような動きになるのかまとめてみました。



モンテローザ系列の居酒屋

居酒屋の大手のモンテローザは非常に有名です。

運営店舗は、魚民、笑笑、白木屋など、誰もが一度は入ったことがある店舗を運営しています。

全店舗数は2000店を突破しており、居酒屋業界では最大手の企業です。

外食業界でも2000店を突破している企業は、マクドナルド、ゼンショー、吉野家など、極少数の企業のみ突破しています。

居酒屋だけでなく、外食業界でも、非常に力のある企業です。

なじみの深い店舗も多く、居酒屋のスタンダードを作った企業と言っても、言い過ぎではありません。

そのモンテローザに動きが居酒屋業界の動きになってきます。

15年前から売り上げは横ばい

居酒屋の大手であるモンテローザの売り上げは、15年前から横ばいでした。

居酒屋というスタンスが最近では変わってきています。

それに居酒屋が儲からない、別の原因もあります。

お酒を飲む人が若い世代では少なく、30代以上の人に限られてきます。

それに給料が上がらないので、沢山飲む人も減りました。

色んなコンセプトのお店も出てきて、生き残りが厳しくなってきました。

その中で生き残るのは難しく、売り上げが横ばいでも上々の出来だったのではないでしょうか?


人の問題が付いて回っていた

問題は売り上げだけではありませんでした。

人の問題も非常に多いです。

ファミレスは24時間営業を取りやめ、スーパーも取りやめる動きがあります。

その原因は人が集まらないのと、売り上げが上がらないことです。

ファミレスは特に昔とは役割が変わってきました。

それで売り上げが上がらないのです。

居酒屋も役割が変わってきてるのと、人が集まらないのは同じ問題です。

確かに店舗に行くと、日本人の店員が減りました。

外国人を雇わないと店舗が回せないのです。

今後の居酒屋業界の動向

今後の居酒屋業界は、人手不足に陥ります。

夜間の仕事で、お酒に関わる仕事は給料が高くても、人は集まりづらいです。

しかも重い物を持ったりと、意外にも重労働だったりします。

酔っ払いには絡まれ、良いことも少ないです。

そのような環境で人を集めるのは非常に難しいです。

他の業界が人手不足と悩んでいますが、居酒屋業界は、それよりも人手不足になります。

これからも閉店ラッシュは増えそうです。


まとめ

居酒屋に行く人も減ってきています。

若い人はビールを飲まずに、チューハイなどです。

普段、お酒を飲まないので強くもないです。

お酒を飲まないと売り上げが上がらないのが居酒屋です。

今後は売り上げと共に、人手不足も加速しそうです。



-企業