素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

副業・貯金

【企業】退職金制度のある会社で働いた方が老後の安心と幸せを手に入れられるのか?

2016/12/14

退職金は就職する時、定年で退職をする時に、気にする項目です。

一般的に退職金があった方が、老後は有利とされていますが、本当なのでしょうか?

退職金がない企業で働いたら、老後は不安なので、転職した方が良いのでしょうか?



退職金とは?

まず、退職金とは、定年・退職をした時に会社から「勤労感謝」の気持ちでいただけるお金です。

ですが、実は毎月積み立てなどをやっている会社もあります。

昔は、退職金5,000万円などと多額のお金をもらうことができました。

そのお金で老後の生活を送ることができたので、老後の心配がない暮らしでした。

ですが、今は退職金が出ない企業が増え、老後の心配をする人が増えました。

それが退職金問題の事の発端です。

退職金の出る会社で働いた方が幸せか?

退職金は、「なし」より「あり」の方が良いです。

それは退職時に沢山のお金を貰えるからです。

社会人になりたてから同じ企業に勤め退職をしたら、5,000万円のお金がもらえる。

そんな企業だったら、一生懸命勤めませんか?

普段は月給と、ボーナスが出て、退職金まで出る。

それは生活が楽だと思います。

生涯年収が退職金があるだけで、異常に上がります。

退職金が「なし」より「あり」の方が良いに決まっている大きな理由です。

退職金が出ない会社では働かない方が良いのか?

同じ条件の企業があり、「退職金あり」「退職金なし」だった場合は、「退職金あり」の方が良いです。

退職をする時にボーナスが出る感覚だからです。

ですが、最近は退職金は積み立ての所が多いです。

毎月数万円づつ積み立て、退職をする時に一括で支払うというパターンです。

これでは意味がありません。

他にも「退職金なし」の企業でも、「退職金を毎月溜めずに、毎月支払う」企業があります。

毎月、退職金の為に会社が、月に3万円づつ溜めているより、その場で支払うようにしているんです。

確かに毎月3万円多い方がうれしいです。

これを考えると、退職金がなしでも不幸せではありません。

退職金「あり」「なし」より、生涯年収は?

退職金の項目にこだわらないことが重要です。

確かに老後に一括でお金を貰えるのは嬉しいです。

ですが、毎月会社が溜めていただけなら、退職金なしでも変わりありません。

もし、会社が溜めていた退職金を運用して増やしてくれるなら、退職金は嬉しいお金です。

ただ溜めて、溜めた金額のみの払い出しなら、必要ないと思います。

退職金を気にするより、生涯年収の方が大事です。

結局、生涯年収が高い人がお金を持っているんです。

注目すべきことは、退職金より、生涯年収です。

まとめ

退職金と言われると言葉が良いです。

中小企業は退職金なんてものはありません。

ですが、不幸な顔をして働いていないです。

退職金に縛られずに、自分の良いと思った仕事をするのが、一番良い選択肢です。



-副業・貯金