素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

生活・健康

【健康】夜勤の体の負担が予想以上に厳しい

2018/01/21

夜勤は給料が高く、休みも多いです。

夜勤明け、もう1日の休みがもらえる会社もあります。

給料も夜勤手当などの手当ても充実しています。

休みが多く、手当も多く付くことから、非常に効率が良いともいえます。

ですが、体の負担が予想以上にあります。



夜勤の拘束時間はそれぞれ

夜勤の拘束時間は会社によって違います。

例えば仮眠が取れる会社、始発で帰れる会社などです。

開始時間も会社によって違います。

22時開始もありますし、19時開始もあります。

残業などのつけかたが違うので、考え方は会社によって、それぞれです。

夜勤の場合、単純に拘束時間が短い方が良いというわけではありません。

仮眠ができる方が良かったり、仕事内容にもよります。

楽か楽ではないかは、人それぞれです。

夜勤の体の負担は予想以上

夜勤は、どうしても体の負担は大きいです。

時間効率などだけで考えていると、長期で働けない可能性があります。

体の負担が先に来てしまい、夜勤ができなくなる可能性があります。

多い病気は心臓病、肺がん、自律神経失調症、睡眠障害、生活習慣病などです。

昼夜逆転のリスクは、予想異常に高いです。

病気になるリスクも、昼職の人より20%高いです。

それだけ体の負担が大きく、昼夜逆転が厳しいことである証明になります。

注意散漫になる

夜勤のリスクは病気だけではありません。

蔓延の睡眠不足は常に付きまといます。

朝に帰ってきて寝て、昼以降に活動をする。

そんな生活が続けば、睡眠不足になります。

人は昔から夜寝るものだと決まっています。

朝に寝ると疲れが取れる可能性が非常に低いです。

睡眠欲だけ取れても、眠いのは変わらないです。

その睡眠不足が注意散漫の原因になります。

常に注意散漫なので、自動車の事故、仕事のミスなどのことに繋がります。

健康管理を適当にやっていると痛い目を見る

健康管理を夜勤で働いていて、適当にやっていると痛い目をみます。

睡眠管理、食事管理は徹底しなければなりません。

昼夜逆転をすると、食事が上手く取れません。

夜だとエネルギーの消費量が昼間より増えます。

それが原因で量を食べてしまいます。

それが肥満へと繋がります。

それに、睡眠管理も睡眠欲求だけではなく、疲れをどうやって取るかが重要です。

疲れを取らなければ、睡眠欲求は強いままです。

夜勤は3年、5年、10年と続けることにより、病気のリスクが高まります。

管理は徹底した方が良いです。

まとめ

夜勤の仕事は、予想以上に負担があります。

どうやっても病気のリスクが付きまとうので、管理を徹底しなければなりません。

若いうちは、無理もきくので病気が表に出てくることは少ないです。

ですが、年齢が上がると、どうしてもリスクは増えます。

病気にならないようにするには管理は非常に大事です。



-生活・健康