素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

生活・健康

【健康】理想的な睡眠時間で健康を維持する方法

2016/12/03

健康には睡眠は大事です。

睡眠で1日の疲れを取り、睡眠で健康を維持します。

学校、仕事、生活のストレスを睡眠でリセットしているので、睡眠は非常に大事です。

理想的な睡眠時間で健康を維持する方法をまとめました。




理想の睡眠時間

理想の睡眠時間は7時間と言われています。

ですが、これは間違いです。

理想の睡眠時間は人それぞれです。

3時間ですむ人もいれば、5時間、10時間寝ないといけない人もいます。

世間で言われる「理想」は自分には当てはまらないです。

6時間以下、8時間以上の人は危険

一般的には、6時間以下、8時間以上の人は危険です。

疲れが取れなかったり、寝すぎで疲れを溜めてしまったりします。

一般的な意見ですが、1つの物差しになるので、自分の普段の睡眠時間との照らし合わせは必要です。

3つの分け方

睡眠時間を決めるには、3つのカテゴリーがあります。

*ショートスリーパー

時間:6時間以下

割合:10%

*ロングスリーパー

時間:9時間以上

割合:10%

*その他

6-7時間

割合:80%

単純な割合では上記に分類されます。

一般的と言われているのは、その他の割合が多いからです。

昔から言われている時間なので、その時間に合わせている人が多いです。

ショートスリーパー、ロングスリーパーは体に合っていれば、寿命を縮めることはありません。

ただし、体に合っていなければ、疲れ、ストレスなどが溜まり、寿命は縮めます。

質も大事

睡眠は長く取れば良いというものではありません。

質が非常に大事です。

車や電車の中で長い時間寝たことがある人も多いでしょう。

でも、疲れが取れていないというより、疲れが溜まっていませんか?

これは質の悪い睡眠です。

自宅でも同じ現象は起きていませんか?

枕やベットは非常に大事です。

首の高さや、マットレスの硬さ、布団の重さはどうですか?

1日の1/3はベットにいます。

気にしてみるのもアリなのかもしれません。

まとめ

睡眠を軽く考えている人は多いです。

スポーツ選手は、睡眠の大事さを知っているので、ベットに非常にこだわります。

宣伝広告でベットのCMに出ているスポーツ選手がいるくらいです。

自分で使って、睡眠の大切さを実感しているのです。

もう一度、自分の睡眠を考えなおしてみることも大事です。




-生活・健康