素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

生活・健康

【健康】脱水症状は冬でも注意が必要

2018/01/27

脱水症状と聞くと夏に注意が必要な病気です。

ですが、実は脱水症状は夏限定の物ではありません。

冬でも非常に注意が必要です。



脱水症状は夏だけ物もではない

脱水症状と聞くと、夏だけの物と思われがちです。

ですが、冬でも非常に注意が必要です。

脱水症状は夏限定の物ではありません。

実はこの勘違いが、非常に危険なんです。

脱水症状は、夏だけの物であり、冬にはならない。

その固定観念が、脱水症状の注意を逸らします。

注意をしなければ、冬にも脱水症状になります。

冬でも脱水症状になる危険な環境は多くあります。

ですが、気をつけない。

脱水症状が冬でも多い原因です。

外的環境で注意すべきこと

冬は空気が乾燥しています。

この空気が乾燥している状況こそ、非常に危険です。

空気が乾燥していれば、体から水分はなくなります。

しかも、その乾燥に体は気が付きにくいのです。

冬に喉が渇くことが少ないはずです。

喉が渇かなければ、水分を補給しません。

それに、暖房と厚着で、水分が不足するのが加速します。

部屋の中だと厚着をしていることは少ないです。

車の中、電車の中などは厚着をしています。

厚着と暖房が水分を不足させる原因になるのです。

内的要因で注意すること

内的要因で注意することは、水分補給です。

外的要因でも少し触れましたが、水分不足に気が付きにくいです。

人は1日2リットルの水分を必要としていると言われています。

冬では汗をかかないため、気が付きにくいです。

それに、塩分入りの商品、飲み物も売っていることが少ないです。

普段から汗をかいている人は気にして摂取しています。

ですが、一般的な生活の人は、そのようなことはしていないです。

汗をかいている実感がない、水分も取らないだと、脱水症状になります。

適切な水分補給は非常に大事

適切な水分補給は非常に大事です。

年齢が上がるにつれ、体は衰えます。

体が衰えたら、病気になりやすいです。

その1つが脱水症状です。

脱水症状は、下手をすると命を落とす危険があります。

しかも脱水症状だと気が付かないと、処置が送れます。

適切な水分補給は季節に関係なく必要です。

しかも、水だけではなく、スポーツドリンクなど、塩分が入った給水が必要です。

汗をかかなくても、水分補給は体が必要としている物です。

必ず接種するようにしましょう。

まとめ

脱水症状は夏限定の物ではありません。

冬の脱水症状は、メディアでも取り上げられることが少ないです。

まさか冬になるなんて、と思っている人は非常に多いです。

気にしていない方が、脱水症状になる可能性が高いです。

注意が必要です。



-生活・健康