素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

生活・健康

【健康】薬と飲酒の相性の関係。影響はあるの?

薬と飲酒が相性が悪いのは、周知の事実です。

それは昔から言われていることで、薬を飲んだらお酒は飲むなと言われてきました。

それはなぜかと言うと、「知らない」という答えが非常に多いです。

薬とお酒の相性の関係を調べてみました。



薬の効果

薬は体を不調を治すのを促進する効果があるものが多いです。

風邪薬なら、免疫力を高め、眠くなる成分が入った薬です。

これは免疫力を高め、睡眠を取れば完治の方向に進む為です。

人間本来の免疫力を促進すると考えれば理解は早いです。

薬によって成分は違いますが、大きなくくりでは同じような物です。

化粧品と同じで色んな成分があり、安い成分、高い成分などで、価格が違ってきます。

人によっては効きやすい成分、効きにくい成分があり、効果が人それぞれなのも、その為です。

お酒の効果

お酒はアルコールを直接口に入れ飲むものです。

アルコール度数により、酔い方が違います。

お酒に対しての免疫も違うため、強い人、弱い人がいます。

ですが、酔っているのは強くても弱くても、変わりません。

お酒は血流を良くします。

その為、心臓の動機が早くなったりと、副作用がおこります。

アルコール成分により思考能力の低下で気持ちが大きくなったり、まっすぐ歩けないなどのことがおこります。

薬とお酒の相性

薬とお酒の相性は良くありません。

薬は人間の免疫を促進する効果があり、お酒には心臓の動機を早くする効果があります。

血液の循環が良くなると、薬の成分が効きすぎることがあります。

薬の効きすぎはイレギュラーのことなので、体に不調が出る場合があります。

成分も効きすぎないように調整をしているので、良いことはありません。

本来の薬の効果以上の効果が出てしまっては、体の負担が多くなります。

効果がきつい薬は、不調の人が飲む薬です。

軽い症状の人が、きつい薬を飲んで良い効果が出るわけがありません。

薬は何でも飲めば良いというわけではないので、相性の悪いことはしない方が良いです。

薬を服用しているのにお酒を飲みたい場合の対処法

薬を服用しているのに、お酒を飲まなければならない場合もあります。

お酒は人づきあいに使われる場合が多いので、自分の体調とは別で考えなければならないためです。

その場合は条件が出てきます。

■沢山飲む場合

*薬を飲んでから2時間後の飲酒

■晩酌などの少量の場合

*薬を飲んで30分から1時間後の飲酒

上記はあくまで目安です。

薬の効果から考えた見本の時間です。

何かあっても責任は負いかねます。

薬を服用していることは忘れてはいけない

薬とお酒の相性は良くありません。

薬を飲んでから時間を空けたからと言っても、お酒を飲まない方が良いです。

薬を服用していることは、決して忘れてはいけないことです。

普段から薬を常用している人は、覚えていることが多いです。

食前や食後という決まりがあり、忘れないようにしている為です。

ですが、花粉症などの一時的な薬の常用をしている人は薬を飲んだという事実を忘れがちです。

薬を飲んでから、制限が多くなります。

服用していることは忘れてはいけない事実です。

まとめ

薬とお酒の相性は良くありません。

それは薬の効果が効きやすくなってしまうからです。

薬を飲んでから数時間空ければ、お酒を飲んでも効果がが促進される確率は少なくなります。

ですが、薬を飲んだという事実には変わらないので、注意を怠ってはいけないです。



-生活・健康