素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

生活・健康

【健康】貧乏ゆすりは癖が原因ではない。本当の理由は?

2018/01/26

大勢の人が集まると、必ずいる貧乏ゆすりの人。

本人は貧乏ゆすりをしていると気が付かず、無意識の場合が多いです。

原因は癖だと言われていることが多いです。

ですが、貧乏ゆすりの原因は癖ではないです。

本当の原因は何でしょうか?



貧乏ゆすりはどんなもの?

貧乏ゆすりは、癖でやっているものだと思われています。

確かに足を上下していると、心地よく、ついついやってしまいます。

振り子の反動なのか、脚が上下していても、それほど疲れません。

無意識に上下運動を繰り返すのが貧乏ゆすりです。

貧乏ゆすりの名前の由来は、貧乏だと寒さに耐えられず、体を動かすことが由来です。

少しでも動いていれば、体を温めることができ、寒さをしのげます。

寒さでガタガタ震えることはありませんか?

その動きが貧乏の人が多かったのです。

ストレスが多くないですか?

貧乏ゆすりの原因はストレスにあることが多いです。

ストレス社会の世の中に生きていれば、何かとストレスを感じることは多いです。

なにかわからないけど、慌てているなど、まさにそのストレスが原因です。

切羽詰まったように動き続ける。

それが、座っている時にも起こるのです。

その現象が貧乏ゆすりに表れています。

とにかく動いていなければならない。

その原因がストレスなのです。

癖だけではない貧乏ゆすりの原因

1度やり始めると、癖になってくるのが貧乏ゆすりです。

座るたびに、足を動かしてしまう行為。

なんとなく心地よく思いませんか?

それが、癖以外の貧乏ゆすりの原因です。

中には、動き続ける病気があります。

その病気は、RLS症状と呼ばれるものです。

この症状は常に動いていないと、ストレスを感じてしまうのです。

じっとしていなければならない座っている時でも、足を動かす。

寝ている時でも、っまるで泳いでいるかのように動いている。

これは病状がある疾患です。

症状を和らげるのは?

症状を和らげるには、ストレスから解放される以外にありません。

ストレスの原因は人それぞれです。

何が原因かは、本人が一番わかっているはずです。

それを少しでも取り除く作業をしてください。

そうすれば、貧乏ゆすりは改善されます。

貧乏ゆすりは、見た目が悪く、よく思う人はいないです。

原因がわかっていたら、取り除くべきです。

まとめ

貧乏ゆすりの原因は、癖だけではありません。

原因は人それぞれです。

簡単に辞めようとしても、辞められないことが多いです。

少しづつ改善をしてください。

すぐに辞めようとすれば、それが原因になります。

焦らないことが大事です。



-生活・健康