素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

出会い

【出会い】女性はいつまでが売り手市場で結婚しやすいのか?

2017/01/13

結婚適齢期は年々上がっています。

仕事の関係、お金の関係、出会いの関係など、理由は様々です。

ですが、相手がいない場合、婚活パーティー、お見合い、出会い系などに頼らざるをえません。

その中で、女性は何歳までが売り手市場のなのでしょうか?



平均初婚年齢

平均的な初婚年齢は、地域によって違います。

それは、田舎と都会だと年齢に対するイメージが違うからです。

■平均初婚年齢

*男性 31.1才(全国平均)

    32.4才(東京/全国で一番遅い)

    29.9才(宮崎/全国で一番早い)

*女性 29.4才(全国平均)

    30.5才(東京/全国で一番遅い)

    28.6才(山口・福島/全国で一番早い)

一番初婚が遅いのは、東京です。

それに続くのが、神奈川、埼玉などの関東地方の県です。

大阪は日本で第二の都市ですが、平均値で10位前後です。

初婚が早いのは、都心部から距離がある県が入ってきました。

この辺りも地域性なのでしょう。

女性の売り手市場は28歳まで

平均値から年齢を見ると、女性の売り手市場は28歳までです。

初婚の平均年齢が、29.4歳と全国で一番早い初婚年齢が28.6歳を考えると、28歳までが売り手です。

それ以上の年齢になると、売り手ではなくなり、人気は落ちていきます。

やはり、女性は若い方がモテるので、年齢が上がるにつれ、結婚は厳しくなってきます。

結婚から出産と考えると、若い方が良いと考えるのは妥当な考えです。

30歳を過ぎると結婚は厳しいのか?

30歳を過ぎると、女性の価値は極端に下がります。

女性自身は価値が下がっているのにも気が付かず、「まだいける」と思っていることもあります。

ですが、男性側から見ると、30歳という年齢はとても厳しく、何かないと結婚できません。

ましてや、これから出会うという場合には、「今まで何で結婚できなかった?」と思われることが多くなり、リスクが非常に高いです。

そうやって思われるのは、年齢を重ねるにつれ増していき、最終的には取り残されます。

なぜ結婚できないのか?

結婚できない人は典型的な人です。

■結婚できない人の特徴

*見た目

*性格

*家事ができない

*出会いがない

*お金がない(借金がある)

*結婚するメリットがない

*プライドが高い

*昔はモテた

一番の問題はプライドが高いことです。

昔はモテて、年齢が上がっても、そのプライドが継続され、歳とともに価値が下がっていることに気が付かない。

その問題が一番の重症です。

よく「私は大丈夫」「選べるほど相手がいる」と思っている人ほど、男を転がしているようで、結婚できないパターンに陥ります。

大学を卒業して6年間しかない

28歳までが女性の初婚への売り手市場だとしたら、時間がありません。

大学を卒業するのが22歳です。

28歳までと考えるなら、6年間で結婚相手を探さなければなりません。

学生から付き合っている彼氏がいるなら、結婚は問題ないでしょう。

ですが、その彼氏と別れて、別の相手を探すなら、時間がありません。

自分にプレッシャーを与え、結婚を意識しなければ、ゴールはできないでしょう。

まとめ

他の結婚サイトと比べれば、厳しい意見が多いです。

ですが、売り手市場を逃してしまうのも、現実が分かっていないのも女性が多いです。

「まだ大丈夫」は大丈夫ではありません。

28歳までが売り手市場で、それを超えると厳しい。

そんなわけないと怒るかも知れませんが、現実の話です。

まずは現実を受け入れ、対策を練るのが先決です。



-出会い