素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

出会い

【出会い】実は美人は得をしない3つの理由

2017/05/25

美人は非常に得をするというのが世の中の常識になっています。

誰からもちやほやされ、優しくされ、重い荷物を持ってもらうことができるのが美人です。

美人と話したいから少しの事でも手伝おうなんて人もいます。

確かにそれだけ聞いていると、美人は非常に得です。

ですが、美人は実は得をしないんです。



美人の定義

美人は学校のクラスのマドンナ的存在です。

数十人いたら、一番人気がある人です。

明らかに他の人とは違い、モテる人。

町中で振り向かれるほど美人でなくても良いです。

何人か集まったら、一番になる確率が高い人は美人です。

雰囲気美人も美人に入ります。

それも、何人か集まったらモテるのは一緒ですから。

ですが、性格美人は美人に入りません。

性格が良くても、顔が悪いのは、別の問題です。

美人=顔が良いのは定義です。

理由 1:相手から警戒される

顔が良いのが美人です。

顔が良いのは得をしません。

相手から、警戒されることがあります。

美人だからモテる、モテるということは、選べるということです。

自分でなくても、誰でも選べるのに自分に近づくのは何で?

そう思われることもあります。

変な警戒心ができ、警戒心を解けずに終わることもあります。

恋愛で警戒されると、上手くいく可能性は非常に低いです。

選べているようで、選べていないのです。

理由 2:役回りが限定される

美人が得をしない理由2つ目は、他の役ができない。

美人は得をしているようで、得をしないのは他の役ができないことです。

邪魔される理由は多々あります。

同棲からの嫉妬、自分のプライドなどです。

相手が絡むと、やりづらいです。

あの子は美人だからなどの言葉が飛び交い、美人としての役回りしかできません。

美人でなくてモテる人は、ポジション取り、役回りが非常に上手いです。

美人では、そのことができません。

一つの役に徹底しなければならないので、非常に損をしてしまうのです。

理由 3:自分が美人あと公言できない

「私は美人だから」

そんな言葉を発したら、とんでもないことになります。

美人でありつつも、美人と公言できないのは非常にやりづらいです。

それでも、美人の役回りしかできないので、なんとも言えない辛さが残ります。

美人だからとフラれても、謙遜するしか方法がないのです。

そこで色々とギャップが生まれます。

自慢できず、面白い話に持っていけなかったりなど、手に困ることはあります。

美人ネタはネタにならず、話の展開がないのです。

美人だけど、美人と公言できないのは非常に辛いです。

まとめ

美人は得をするなど言われていますが、美人は不利なことはあります。

クラスのマドンナが実はモテないなんてこともあります。

それは、マドンナポジションに収まり、身動きが取れなくなってしまっている人が多いんです。

一番モテるのは、二番手、三番手だったりします。

美人とモテルはイコールではないのです。



-出会い