素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

出会い

【出会い】年齢・年収詐称は結婚詐欺になるのか?

2018/05/05

出会いの中で、年齢などの基本情報を聞くことは当たり前です。

どこの誰で、何をしているのか?

それがないと恋愛どころか、相手を信用できません。

その基本情報は、恋愛より先の結婚についても、当てはまります。

結婚ができる人なのか?できない人なのか?

その情報が間違った情報なら、結婚詐欺に当てはまるのでしょうか?



結論は、結婚詐欺ではない

結論から先に言うと、結婚詐欺には当てはまりません。

理由は、結婚詐欺は、結婚をする意思があるかどうかが重要だからです。

年齢などの基本情報が間違っていても、相手が結婚する意志があれば、結婚詐欺ではありません。

むしろ、結婚をしたくて嘘をついたなら、結婚詐欺ではなく、結婚したいだけです。

どうしても結婚をしたくて嘘をついたとなると、結婚に対しては好印象です。

ハイスペックだけを求めた結果

年齢が上がると、ハイスペックの相手に引かれます。

ハイスペックが最低条件で、その他はどうでも良いとなりがちです。

ハイスペックを持てめているのなら、確かに嘘は結婚詐欺に当たると考えてもおかしくはありません。

ですが、結婚以前に交際に至ったのは、相手の人格に引かれたことが理由になります。

結婚・交際に至った理由が、年齢・年収のみで完璧に確認してあったのなら、結婚詐欺に該当するかもしれません。

一発逆転はない

年齢が上がって、ハイスペックな人を求めても、一発逆転はできません。

一発逆転を狙える相手が、条件の悪い人には寄ってこないからです。

条件が良い人がいたら、なにかしらあると考えることが常識です。

自分を大きく見せ、条件を良く言ってしまうことは誰でもあります。

相手にとっては、ハイスペックな人だったのかもしれません。

それを考えると、少しの嘘は許される問題です。

間違いなく約束をしていたのか?

年齢・年収などの条件を約束していたのでしょうか?

結婚をする前に、そんなことをする人はいません。

自分の年収はこれぐらいだから、結婚してくださいという人はいるはずがありません。

そうすると、自分ではハイスペックと言っていても、現実は違うということはあり得ます。

年収を約束させる相手と、結婚をするほど、世の中に変わった人はいるはずがありません。

まとめ

一生懸命、結婚相手を探して上手くいかなかったら、結婚詐欺だという人もいるでしょう。

ですが、それは自分の日ごろの行いが悪いからです。

結局は相手を見抜くことができない自分が悪いのです。



-出会い