素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

副業・貯金

【副業】不動産投資のサブリースは危険が多くトラブル続出

2017/04/11

副業をするのに不動産投資を選択される人は多いです。

不動産投資は安定収入で、先が読めるので非常に便利です。

株式投資とは違い、初めてしまえば、毎月安定収入になります。

異常な下落も少なく、定期収入、安定収入が見込めます。

年金代わりに不動産投資をされる人も多く、それだけ安定感があるということです。

ですが、サブリース契約でトラブルに巻き込まれる人が増えています。

サブリース契約とは、どんなものなのでしょうか?



サブリースとは?

サブリースとは、不動産投資を始めてから、不動産業者が借り上げることです。

借り上げた後、不動産会社から、家賃の代わりにお金が支払われます。

収入は保障され、毎月の収入が決まっているので、支払いが非常に楽です。

不動産投資の場合、銀行から借り入れをする人が多いです。

収入が安定していれば、借入金を毎月決まった金額を返済できます。

ローンを考える必要がなく、非常に楽です。

不動産を持っていることすらも忘れてしまうほど、何もしなくても良いのです。

いつの間にかローンの支払いは終わり、いつの間にか収入を得ているのです。

こんなに簡単なものはなく、サブリースが流行っているのです。


サブリースの欠点

契約状況によってきますが、サブリースにも大きな欠点があります。

不動産の価値が減ってきたら、不動産会社は、家賃の減らします。

家賃を減らすということは、不動産会社の収入が減ります。

その減った収入は、サブリースの金額を落とすという所に来ます。

結果的に、収入が減ってしまうのです。

収入が減るということは、ローンの返済が滞るということになります。

ローンも収入によっては、持ち出しで支払わなければなりません。

そうすると、投資をしている意味がなくなり、先行き不安になります。

自己管理できないサブリース

サブリースは自己管理ができないことが、一番の欠点です。

自分で管理ができないから、状況が把握できないことになります。

状況が把握できないことは、空室かどうかの確認ができません。

自分の不動産の回りの状況も分からない為、設定されている家賃が高いかどうかもわかりません。

その状況で、入居がありません。

そう言われても、言われるがままになってしまいます。

家賃の相場が下がってきているのに、見直しができないので、戦う力がないのです。

そのような状況ではリスクばかりで、身動きが全く取れないのです。


サブリースはカモにされるだけ

サブリースは不動産投資をしたことがない初心者ばかり狙います。

管理が楽と言われると、不動産投資をしたことがない人は、その楽さに流されてしまいます。

そうすると、いざという時に、状況が見えないのです。

不動産会社の言いなりになり、自分は全く儲からないようになります。

そこまで追い込まれて、やっとカモにされたと気が付くのです。

サブリース=詐欺というレッテルは嘘ではないのです。

まとめ

サブリースは非常に危険です。

契約書をしっかりと読まないと、後々取り返しのつかないような状況になります。

状況はいきなり一変し、そこまでいってしまったら損切の売却しか方法がなくなります。

投資の失敗の近道ですので、手を出さない方が良いです。



-副業・貯金