素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

副業・貯金

【副業】副業禁止の会社でも副業をしてもバレない方法

2017/06/27

副業禁止の会社は多いです。

就業規則に副業禁止と書いてある会社。

禁止と書いていなくても、堂々と副業をすることはできない。

そんな会社が多いです。

副業禁止の会社でも、副業をする方法があります。

その方法をご紹介します。



副業禁止の会社が多い理由

副業を禁止する会社が多い理由は、副業をされると、本業に身が入らないからです。

給料収入より、副業収入の方が多くなれば、本業に身が入りません。

20万円前後の手取り収入など、副業をすれば一瞬で超えてしまいます。

副業の収入は、それぐらい大きくなる可能性があります。

給料の収入を超えてしまったら、頑張らなくても問題ありません。

頑張って数万円プラスより、頑張らなくて低い給料の方が良くなります。

それを恐れて、会社では副業を禁止している所が多いのです。

副業には種類が多い

副業には種類が非常に多いです。

アルバイト、ネット販売、アフィリエイトなど、非常に多いです。

リスクがなければ、アルバイトが一番簡単です。

理由は、給料体系なので、わかりやすいからです。

何時間働いて、いくらもらえるという計算がしやすいです。

他の副業は、時間計算ではないので、多くの時間を働いても、収入は変わりないかもしれません。

そうすると、アルバイトの収入が一番、わかりやすい収入で、先が読みやすいです。

副業で大事なこと

副業で大事なのは、お金と会社にバレないことです。

会社にバレてしまうと、最悪はクビなどのペナルティがあります。

そうすると、数万円程度で仕事がなくなる可能性があります。

そのリスクを考えると、非常にリスクが高いです。

副業はバレずに、上手くやるのかが非常に大事になります。

バレるのを恐れて、副業をしない人は多いです。

確かに、時間を使い、いくら入るかわからない。

それにバレた時のリスクは大きい。

そんなことでは始められないという人は多いです。

会社にバレずに副業をする方法

会社にバレずに副業をする方法は、現金で受け取らないことです。

収入を現金で受け取ると、年収を通じて、会社にバレます。

現金で副業の収入を受け取らなければ、収入にはならないので、会社にバレる心配がありません。

多いのはポイントでの受け取りです。

今ではポイントは現金と同じように使うことができます。

その方法を利用すれば、副業収入はポイントで受け取り、現金と同じように使用する。

そんなことが可能になります。

会社にバレずに、副業をする方法です。

まとめ

副業は将来に備えて、おこなうべきです。

本業だけでは非常に不安定なので、もう一つの収入源を持つことは大事です。



-副業・貯金