素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

季節

【季節】お盆玉という新たな脅威が浸透しています

2017/08/14

お年玉というお正月の強制的な出費に続き、お盆玉という新たな脅威が浸透してきています。

給料は上がらないのに、出費ばかり増える制度が増えてきています。

お盆玉とは、どんな制度なのでしょうか?

どれくらいの金額を渡せば良いのでしょうか?

平均値を知っていれば、恥ずかしいことはありません。



お盆玉とは?

お盆玉とは、お年玉のお盆ヴァージョンです。

お年玉をそのまま名前を変えただけで、お盆に渡すお金のことです。

残念なことにお盆玉が流行はじめ、浸透し始めています。

お盆玉を渡さないと、常識がないなどのレッテルを貼られるのも、近い将来あります。

2014年から統計を取り始め、数字が上がり始めているので、統計的には常識になるのは近いです。

実際にあげる予定の人も含め31.6%の数字が出ています。

無難な金額は?

肝心なとこは無難な金額です。

年に2回お年玉を上げるのは、正直出費がかさみ厳しいです。

ギリギリの線をいくとしたら、関東が6300円、関西が5800円です。

あくまで平均値ですので、誤差が出ます。

この数字を見る限り、1万円、5千円、3千円をあげている人が多いのではないかと思います。

3千円の人より、1万円の人が多く、5千円を超えてきているのではないかと予想ができます。

そうすると、無難な金額は5千円になります。

お盆玉の発祥は?

お盆玉の発祥は何でしょうか?

なぜお盆玉というものが生まれたのでしょうか?

理由は帰省の交通費です。

帰省するにはお金がかかります。

飛行機、新幹線など長距離移動する人が多いです。

その交通費を負担することを理由に、お金を渡していました。

それがお盆玉に名前が変更されているのです。

帰省時のお金の負担は、45.4%で、その平均額は3万1900円になります。

金額はそれなりに高いです。

お盆玉は必要なのか?

肝心なことはお盆玉は、本当に必要なのか?

元々は、帰省する交通費の負担が始まりです。

その負担が名前を変えて、お盆玉になってきています。

確かに学生は遊ぶのが仕事で、遊ぶにはお金がかかります。

その費用を負担する目的で、お金を渡すのは間違いではありません。

ですが、常識という範囲で考えれば、おかしな話です。

まとめ

子供を甘やかせる理由が増えました。

無償でお金を渡し、遊ぶお金を作っていては、良い子に育ちません。

最近の若い人はガッツがないとは言われますが、お盆玉のような小さな積み重ねが用いたことが原因です。

本当にお盆玉は子供の為になっているのでしょうか?

今だけ良くても、将来が不安です。



-季節