素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

季節

【季節】人込みで日傘をさすのは非常に迷惑行為

2018/08/06

日差しが非常に強烈で暑い夏が続いています。

そんな中、女性が日傘をさすことが多くなってきています。

雨の日は良いですが、晴れの日の傘は非常に迷惑行為です。

特に人込みで日傘をさすと非常に危険です。

人込みの中の日傘で、どんな危険がおこるのでしょうか?



傘は雨の日にさすもの

傘は元々、雨の日に使う物です。

晴れの日に使うと、使い方が変わるので雨の人は別のことに注意しなければなりません。

雨の日は、全員が傘をさしているんで、人に危険を与えることは少ないです。

ですが、晴れの日は傘をさしている人は少ないです。

傘をさしている人と、さしていない人とでは危険を与える可能性が違います。

傘は雨の日にさすものです。

晴れの日は注意して使わないと、人に危険が及びます。

人込みの中では日傘をさしてはいけない

人込みの中で、日傘をさしている人を見かけます。

この行為、非常に危険です。

傘を持つもの同士なら、傘がガードしてくれて、人に危険を与えることはありません。

ですが傘をさしている人と、さしていない人とでは人に危険を与えます。

背の高さなどでは、目に入ることがあります。

日傘をさしている人は、雨の日と同じ使い方をしていることが多いです。

周りの人は、雨の日と同じではありません。

それだけ危険が多いことは事実です。

日傘がある分、不利になる

日傘で人にケガをさせてしまった場合、道具がある分、不利になります。

何も持っていない人同士なら対等になります。

ですが、日傘で人にケガを与えてしまった場合、どうしても日傘は凶器になります。

簡単に考え、人込みでも日傘をさしている人がいます。

これが非常に危険です。

本人はたかが日傘だと思って使っています。

ですが周りでは、そうは思っていません。

どうしても雨の日とは環境が違います。

どれだけ迷惑な行為かは考えるべきです。

迷惑行為が増える

日差しが強いと、日傘を使う人は多いです。

日傘を使い慣れていないと、人に迷惑がかかると考えることはできません。

実際は日傘を使い慣れていようと、使い慣れていなくても、迷惑は同じです。

周りの人に危険を与えることは一緒です。

人込みはイライラしている人が多いです。

その中で人に危害を加えるかもしれない物を使っているのは危険です。

何がおこるかがわからない世の中です。

自分にも危険が及ぶかもしれません。

まとめ

人込みで日傘をさすことは非常に危険です。

自分の事しか考えていない人が多く、人にけがをさせてから気が付く人が多いです。

場所などを考え、日傘をつかうべきか考えるべきです。



-季節