素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

季節

【季節】年末年始に買い物客が殺到する理由

2018/01/01

年末年始は、どこに行っても買い物客が殺到しています。

デパート、スーパー、衣類、電化製品など、どこでも人が多いです。

この人だかりは普段は見ないことが多いです。

年末年始は、なぜ買い物客が殺到するのでしょうか?

何を買っているのでしょうか?



休みの人が多いからお客さんも多い

年末年始は休みの人が多いです。

学校、職場など、ほとんどの所が休みです。

休みにすることは、出かけることが多いはずです。

年齢にもよりますが、出掛ければ買い物になります。

休みの時にまとめ買いをする人も多いので、買い物客が多いです。

土日のスーパーのレジは混雑します。

日曜日に、家電製品、衣類の売り場はお客さんが増えます。

そのようなことがあるので、お客さんが多くなります。

年末年始は買う物が多い

年末年始は行事です。

門松、お餅、年越しそば、おせち料理など、非常にやることが多いです。

帰省する人も多いので、帰省者を迎えるには迎える準備があります。

その準備はスーパーやデパートですることが多いです。

必要な物を買って、揃えなければなりません。

家に人が増えれば、食べ物が必要です。

布団の数が足りないかも知れません。

その他にも準備しなければいけない物があるかも知れません。

行事ごとの時は、揃える物が多いです。

年末年始はセールが多く開催されている

年末年始のセールは、毎年非常に多いです。

セールをやるということは、物が安くなります。

年始になれば、福袋が発売されます。

歳末セール、年始のセールなど、セールが続きます。

安いうちに必要な物を買っておこうとするのは、誰でも一緒です。

同じ物を買うなら、安い方が良いです。

セールにつられて物を買っている人も非常に多いです。

都心から地方に移動する

都心から地方に移動することが多いのが、帰省です。

地方の方が、スーパーもデパートも数が限られます。

人口も少ないですが、スーパーなども少ないため、人が集中します。

それに、帰省してきた人もいるので、人口は普段より増えます。

普段は都心に人口が集まりますが、逆に都心は人が減ります。

お店の数が少なく、人が多く集まれば、買い物客が殺到しているように見えます。

ですが、これは一時的な現象のことが多いです。

年末年始を過ぎてしまえば、また人は減ります。

まとめ

年末年始は買い物客が、非常に多くなります。

セールにつられて買い物に出かける人。

帰省をする為に買い物をする人。

帰省を待ち受けるために買い物をする人。

年末年始はイベントごとです。

イベントには買い物は必要なことです。

ですが、一時期だけになります。



-季節