素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

季節

【季節】年賀状と年賀メールの使い分けは?

年賀状の枚数が年々減ってきいるのは、毎年のニュースになっています。

世間の人が年賀状を送らなくなってきているのではなく、使い方が変わってきているのです。

年賀状を書かなければ不親切、常識がないのではないです。



年賀状とは?

年賀状は新年の挨拶に送るハガキです。

日本では昔から親しまれ使われています。

学校の友達、会社の上司、取引先、なかなか会えてない友達など、数多く送っていました。

その理由は、他にメディアがなく、新年の挨拶にはハガキしかなかったからです。

近所だと直接挨拶に行き、済ませるなんてこともやっている人もいました。

年賀状は自分の進捗報告に使われていることが大前提です。

報告事項は年賀状じゃなくてもOK

進捗報告は年賀状でなくてもOKです。

年賀状の意味が進捗だけなら、年賀状の意味はありません。

わざわざ切手代を支払い、ハガキの柄を決め、印刷か手書きで書き、発送なんて、めんどくさいことしてられないですし。

それに、ハガキだと書けるスペースも非常に少ないです。

報告だけだったら、ハガキの意味はありません。

年賀メールの進化

メールは時代と共に進化してきています。

初めは文章だけでした。

ですが、写真が送れるようになり、ハガキ風の画像や、絵文字なども入れることができ、感情表現ができます。

最近では、年賀付き年賀メールもあります。

「年賀状でないと年賀付きの当たりを・・・」と言ってる間に、それもメールでできてしまってます。

すでに、年賀ハガキの意味はなくなってきているのです。

ラインの進化

メールの後発としてラインも一般的に使用されています。

スマホでキャリアメールを一切使わずに、ラインのみで済ませている人も、よく見かけます。

それぐらいラインが一般化しています。

そのラインでも、年賀メールを送る人が増えてきています。

データを調べてみると約7割の人がラインで新年のあいさつをすることに肯定的といデータがあります。

このデータを見ても、ラインは一般的で、新年のあいさつにも使用できると言わざるをえません。

どんな時に年賀状を送るのか?

ラインで新年の挨拶をすることに約7割が肯定的で年賀状はお役御免なのでしょうか?

そうではありません。

年賀状にも役目はあります。

目上の人にはラインやメールでの新年の挨拶は失礼です。

やはり形式をちゃんとした年賀状が有効的です。

ラインやメールは手軽さがウリです。

ですが、手軽に挨拶をしてはいけない人は、誰の周りにもいます。

その人には、しっかりと年賀状を書き、投函するべきです。

年賀状だけの挨拶という言葉があるが・・・

年賀状だけの挨拶しかしてない。という言葉が世間にはあります。

寂しい比喩で使用されることばですが、裏を返してください。

年賀状だけでも、挨拶ができるのは素晴らしいことです。

それに、年賀状は相手の住所を知らないと送れません。

親しくない人に住所は教えません。

それだけ親しいことを自慢しても良いことだと思います。

まとめ

年賀状と年賀メールの使い分けは、必ず必要です。

メールにはメールの良さ、年賀状には年賀状の良さがあります。

それを混同して、「年賀状は流行らない」のではなく、大切な人には送るべきです。

家族写真や、直筆の年賀状は貰って嬉しいものです。

その心は無くしてはいけないものです。



-季節