素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

生活・健康

【生活】コンビニの重要性!コンビニがないと生活に困る!

2017/04/27

コンビニは都内など、人口が多く集まる場所には当たり前のようにあります。

普段、目にするので、何も気にすることはないです。

ですが、コンビニがない地域には、コンビニは非常に貴重です。

コンビニの重要性をご紹介します。



生活の中のコンビニ

コンビニは人口が多く集まる場所には、非常に多くあります。

100m歩けば、コンビニがあり、色んな店舗に行くことができます。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど、どんな店舗も選びたい放題です。

どのお店も、特徴を出してきているので、その店舗でしか買えない物も増えてきています。

値段も、コンビニは高いというイメージも一蹴してきているので、スーパーなどにも対抗しています。

コンビニがないと生活ができない人も増えてきていて、コンビニと生活は非常に近い所にあります。


コンビニがない地域

コンビニがない地域が存在します。

慈善事業ではないので、儲かる所にしか出店しません。

企業なので、それは変えることができないことです。

やはり人口が少ない所には、出店はしにくいです。

人口が少なければ、売り上げが立てづらいです。

売り上げがなければ、儲からないです。

儲からなければ、食べていけないです。

そう考えていくと、出店がないのも、どうしようもないことです。

コンビニオーナーの出店

フランチャイズが多いため、オーナーは地域性を知っている人が多いです。

この地域の、この場所に出店すれば売り上げが立つということを、あらかじめ知っているのです。

それがわかっていれば出店はしやすいです。

ここに出店すれば儲かるかも。というのは色々と調べて出店します。

ギャンブルでもなく、なんとなくでもなく、出店理由はあります。

その出店も、自分のお金で出店させます。

遊びではないので、どれくらい利益が取れるかを非常に気にしています。


出店がない地域には理由がある

地方から出てくる人に、コンビニが近くにない。などのことを聞きます。

確かに人口が少なければコンビニ出店もありません。

出店しても儲からなければ、出店させられないのです。

コンビニはその地域を知っている人の出店が多いです。

近所の人が出店することが多いのです。

人口が少ない、夜に出歩く人が少ないなど、地域を知っていれば、コンビニにメリットがないことも知っています。

昼間しかやっていないスーパーで、事が足りてしまうのです。

そうしたら、定価で物を売っているコンビニに勝ち目はありません。

コンビニが出店しないのは、そのような理由があるのです。

まとめ

コンビニは近くにあると非常に便利です。

夜中でも、朝方でも、食べ物が売っていて、必要な物はほとんどあります。

流行ものなどもあり、利用する人は非常に多いです。

日本では生活と隣接していて、なくてはならない存在になっています。




-生活・健康