素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

生活・健康

【生活】シェアハウスは安くて異常なほど住みにくい

2018/10/22

シェアハウスのブームは、まだ続いています。

上手く使えば、非常に安上がりで生活がしやすくなります。

一人暮らしは自由があるけど、非常に生活しにくいです。

何でも一人というのは、意外と大変なんです。

それを何人かで分割してやっていけるのは非常にメリットがあります。



シェアハウスほど安い物件はない

どんな物件より、シェアハウスが一番安いです。

物件の相場が5万円から10万円だったら、二人で住めば半額です。

電気、水道、ガスなんかも半額です。

防犯も二人で住んでいるので、問題はありません。

怖いことがあっても、一人より二人の方が身の安心はあります。

多方面から見ても、シェアハウスほど効率が良い住居は他にないんです。

家にいても気を使わなければならない

一番のデメリットは気を使うことです。

部屋の割り振りもありますが、常に誰かと一緒です。

誰かと一緒なら、気を使わなければなりません。

簡単な所だと、トイレの順番、お風呂の順番、皿洗い、ゴミ出し、掃除などは常に付きまといます。

一人でやるよりは楽ですが、誰かがズルをしているとわかったら、腹が立ちます。

不平等は、気にしてしまうのです。

不公平がおきないように、最低限の気は使わなければならないのです。

壊れた仲は戻りにくい

誰かと住むということは、喧嘩もあります。

友達、夫婦でもなかったら喧嘩しても、仲は戻りにくいです。

初めから干渉しなければ問題はないのですが、そんなわけにはいきません。

やはり最低限は干渉しなければならなくなるからです。

お金の事や、友達を呼んだりすることもあります。

どこかのタイミングで仲が壊れることがあります。

その時にどうするかが一番の問題です。

何人かで住むのもデメリットがある

二人だけではなく、何人かでルームシェアする場合もあります。

一軒家を借りて、5人ぐらいで住む場合です。

確かに初めのうちは盛り上がるし、毎日が楽しいでしょう。

ですが、日がたつにつれ、問題はおきます。

男女の組み合わせなら恋愛が発生します。

そうなってしまったら後には引けなくなります。

それに、数人で住む場合は変わった人も混じってきます。

変わった人の変わった習慣は、非常に難しいです。

それをどうするのかも問題になってきます。



まとめ

ルームシェアはギャンブルです。

どんな人がいるかもわからないので、住むまでわかりません。

溶け込めたら問題はないのですが、無理だった場合、毎日がストレスになります。

-生活・健康