素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

生活・健康

【生活】ニート生活は思っている以上に辛い生活が続く

2018/08/07

働いていると、休みの日は天国です。

休みは一瞬で終わり、月曜日にはまた仕事をしなければなりません。

誰だってニートは楽でいいななんて考えたことはあるはずです。

ですがニートの生活は、実は楽ではないんです。

ニートの生活はどんな所が辛いのでしょうか?



毎日することがない

平日に仕事をして、休日に休む。

働いている人の大半は、そんな生活です。

少ない休日を休む為だけに使ったりすることもあるはずです。

そんな時には何も予定を入れずに、一生懸命休むことに集中します。

ニートは毎日することがなく、天国に見えます。

ですが、毎日することがないのは苦痛です。

今日の予定も、明日の予定も、明後日の予定もありません。

それが永遠と続き、限りなく何もない生活が続きます。

毎日何もなく、平坦な生活は耐えられない生活です。

お金の心配をしてしまう

サラリーマンをやっていたら、サラリーをもらえるので生活の心配はありません。

毎月の収入は、基本的に一定で一定の内で生活をしていれば、問題がありません。

同じ生活のランクで生活をしていれば、極論を言えば一生生活ができます。

ニートには、収入がありません。

お金の心配をしてしまうのです。

貯金があれば、貯金の金額の確認をします。

お金が減っていくことは、非常にストレスになります。

しかも、収入がない状態でお金が減っていくことは、耐えることができないほどのストレスです。

いつまで生活が続けられるというのが、目の前に迫ってくるのです。

非常に耐えにくいストレスです。

何もできない

お金を極力使わずに生活をすることは難しいです。

遊びに行けない、欲しい物が買えない、趣味もできない、そんな生活です。

ただ生きるだけの生活になってしまいます。

寝て時間を潰すにも、寝るにも限度があります。

しかも、毎日長時間寝れる物ではありません。

外に出てもお金が使えないので、することがなくなります。

できることが限られてくるのです。

家にいても、お金を使わないようにしなければなりません。

どんな風に生活をするのかさえ、考えるだけでも難しいのです。

人と話さなくなる

ニートをしていると、人と話さなくなります。

実家でなければ、人と話す機会がありません。

スーパーなど買い物に行った時に、店員と少し話す程度です。

毎日家にいるので、外に出ると目立ちます。

平日の昼間は、仕事をしているのが当たり前だからです。

近所の人に、何をしているんだろうという目で見られます。

最初の内はそんな目はありませんが、ずっと平日にいるとそんな目になってくるのです。

抵抗ある感じで見られたら、人に近寄りづらくなります。

そうしていくと、人と距離を開けてしまうのです。

まとめ

ニートは毎日休みでいいなと思う人もいるかもしれません。

ですが、思っている以上に辛い生活です。

ニートの生活を始めて3カ月ぐらいは、楽しく生活ができます。

3カ月を過ぎるころから、焦りや辛さが出始めてきます。

目的がなければニート生活をしない方が良いです。



-生活・健康