素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

生活・健康

【生活】人間関係は修復する必要はない理由

2018/06/09

学校、会社などの団体生活では、人間関係は重要です。

全く知らない人と、強制的に1つの括りで生活をしなければなりません。

人間関係に悩んでいる人は多く、学校の授業でも人間関係の重要さを教えます。

それだけ難しい人間関係、実は修復する必要はありません。

新しい人間関係の考え方です。



人間関係は非常に重要

学校、仕事など、団体生活では人間関係は非常に重要です。

人間関係がうまくいっていれば、何事も上手くいきます。

物事がスムーズに進み、問題がなく終わることが多いです。

ですが、人間関係が上手くいっていない場合、物事は問題ばかりです。

何かあればやり玉に上げられ、責任を押し付けられたりと、問題が多くあります。

団体生活になじまず、孤独を貫く人さえいます。

誰とも話さない、人と壁を作り続けるにも限界はあります。

そんなことをしていても改善にはつながらず、何も前には進みません。

人間関係を良好に築くには、絶対的なスキルが必要です。

どうやって人間関係を築くのか?

人間関係を築くには、相手の意思を読み取ることが重要です。

自分を捨て、相手に合わせることができれば、人間関係は良好に進みます。

自分を押し通し、周りと当たってしまうと、人間関係は上手くいきません。

結局は、相手に合わせられるかどうかが一番重要なのです。

学校、会社でも上下関係があります。

会社では役職という上下関係、学校でも暗黙の上下関係はあります。

どうしても、その中の輪に入らなければなりません。

人間関係を良好に築けるかは、良好な輪に入れるかどうかが重要です。

自分ではなく、相手と周りを読み、入る力が必要です。

どうしても孤立してしまったら

人間関係を良好に進めたいのは、誰でも一緒です。

周りとぶつかりたい人は、少し変わった人です。

それ以外の人は、良好に物事を進めたいので、居心地の良い人間関係を作りたいはずです。

ですが、頑張っても孤立してしまう場合があります。

話しかける勇気がなかったり、タイミングがつかめなかったりと、誰にでもそうなる状況はあります。

その場合、孤立したままの方が良い場合があります。

人間関係を無視する方法です。

孤立してしまえば、周りに気を使う必要はありません。

それに、常に孤立しているので、物事が大きく動くことはありません。

常に一定に進みます。

それほど生活しやすい状況はありません。

誰かと人間関係が悪化してしまった場合

自分と合わず、人間関係が良好にいかないことがあるはずです。

100人が100人の人と、人間関係を良好に築けるはずがありません。

その場合、人間関係を修復する必要はありません。

一回壊れてしまった関係は、修復するのには非常に困難です。

自分が修復するのに手を尽くせば、逆になるケースが多いです。

相手は自分のことを良く思っていないからです。

その場合、人間関係を修復しない方が良いです。

そのまま放置してしまうのです。

どうしても相手と関わらなければ、ならなくても上辺だけで問題ありません。

何か抜本的な解決方法ができるまで待つべきです。

まとめ

人間関係は非常に重要です。

空気を読む力などと言われていますが、非常に重要なスキルです。

それをどこまで活かせるかは自分にかかっています。

人間関係を築く力は、自分でつけるしかないのです。

ですが、できないことをできるようには、すぐになりません。

一回壊れてしまった人間関係を修復するのは非常に困難です。

修復しないのも、一つの手です。



-生活・健康