素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

生活・健康

【生活】被災で学ぶキャッシュレスの支払い方法

北海道で大きな地震があり、大規模停電が発生しました。

大きな地震、大規模停電は関東などでも発生しているので、いつものことです。

ここで問題なのは、発生した場所が北海道ということです。

知っての通り日本の最北で、救援には時間がかかります。

流行のキャッシュレスにも大打撃を与えたようです。



キャッシュレスは便利

キャッシュレスは普段使いには非常に便利です。

現金ではないので、レジで時間がかからないこと。

小銭を持ち歩かなくて良いこと。

お釣りの計算などをしなくて良いこと。

ポイントも溜まります。

使い方を間違えなければ、現金よりも徳ができるのです。

それだけ特があれば、使う人も増えてきます。

便利で得だと気が付いた人からキャッシュレスを使うようになってきているのです。

電気がないという考えはなかった

被災したら、電気は高確率で止まります。

電気がないと、キャッシュレスは使用できないのです。

それが非常に盲点でした。

関東・関西などの大都市で、日本の中心部では復旧が早いです。

被災して電気などが止まったとしても、1日程度で復旧ができるのでしょう。

物資の支援も非常に速いです。

それが場所が変わると、話は変わります。

電気が復旧しないと何も使えません。

今は電気がないと生活ができないような状態になるのです。

結局は現金が一番強い

お金の支払い方で一番強いのは現金です。

物々交換を現金に変えた方法です。

物がないと、結局は信用ができないのです。

データだけの現金だと、信用がないので使用ができないのです。

現金を持っていれば、現金だと誰が見てもわかるので、品物と交換できます。

それがキャッシュレスだと、端末がないと信用ができないのです。

信用度の違いは非常事態になった時にわかります。

100%キャッシュレスは不便

全てをキャッシュレスにすることは、まだできません。

どんなお店もキャッシュレスに対応するのは、まだまだ先の話です。

高齢の人は現金が一番の信用があるものだからです。

キャッシュレスにはクレジットカードも仲間に入っています。

今ではコンビニでもスーパーでも使用できますが、現金には勝てません。

どちらもポイントなどがついて、便利につかえば得をするものです。

ですが、現金も持っていないと、不便な所はあります。

まとめ

大規模な停電でキャッシュレスが不便なのは、誰もが唖然としたはずです。

普段は便利に使っていますが、普段便利すぎるので何かあった時のことを考えません。

確かに現金は、どんなことがあっても物としてあるので、一番強いです。

キャッシュレスの盲点は、今回の事で気が付くことができました。

現金は少し持ち歩いた方が良いです。



-生活・健康