素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

生活・健康

【生活】貧困なのに貧困ということを自覚していない人が意外と多い

2019/01/08

貧困というのは年収がいくらからの人を言うんだろう。

普通の人の暮らしとは、どれくらいの人のことを言うんだろう。

そんなことを考えたことはありませんか?

意外と考えていない人が多いんです。

だから、自分が貧困かどうかがわからないんです。

スポンサードリンク




自分が貧困かどうかを自覚する

自分が貧困かどうかを自覚するには、年齢の平均年収か中央値を調べるのが早いです。

例えば、年齢が30歳の場合、年収の中央値が300万円~360万円です。

この年収以下なら貧困です。

中央値

年齢:20歳 中央値:170万円~200万円

年齢:25歳 中央値:250万円~310万円

年齢:30歳 中央値:300万円~360万円

年齢:35歳 中央値:350万円~410万円

年齢:40歳 中央値:400万円~460万円

年齢:45歳 中央値:450万円~510万円

年齢:50歳 中央値:500万円~560万円

中央値は、上記の金額です。

ですが、あくまで中央値です。

大卒か高卒かによっても違います。

正社員かアルバイトかによっても違います。

大卒で正社員の場合は、中央値の金額の高い方になります。

それが最低限だと思ってください。

年収によっても貧困かどうかがわかる

年齢別の中央値でも、自分が貧困かどうかがわかります。

それ以外にも、年収でも貧困かどうかがわかります。

今度は年齢や性別が関係なく、年収のみです。

貧困層:年収 ~400万円

一般層:年収 500万円~800万円

富裕層:年収 1000万円~

簡単に3つの層にわけると、上記になります。

非常にわかりやすいはずです。

貧困層、一般層、富裕層の区切りです。

間があいている年収(400万円~500万円、800万円~1000万円)はどちらにも属しません。

明確にどちらでもなく、微妙な区切りです。

先程の中央値と比べると、50歳でも年収が500万円なので、貧困層から少し抜けた程度です。

比較するグラフによって、全く違うことがわかります。

周りの人と比較しても意味がない

年収を、自分の周りの人と比較する人がいますが、意味がありません。

同じ従業員同士と比べても、大した差がでないからです。

もちろん、正社員とアルバイトや、年齢の違いでは年収での差が出ます。

もっと差が出る正社員と経営者、投資家、オーナーなどの差です。

従業員と経営者でも生活のレベルが違います。

それでも違いが出るのに、投資家などと比べたら、差が歴然とします。

サラリーマンの年収ぐらいを1日で使ってしまう人です。

もしかしたら生涯年収も1日で使ってしまっているかもしれません。

それぐらいと比べないと、貧困かどうかがわからないのです。

結局は同じような人が集まる

類は友を呼ぶと言う通り、同じような人が自分の周りに集まります。

それは似た者同士でもありますし、生活のレベルでもあります。

1人だけ、超お金持ちや、超貧乏がいたら話が合いません。

だから同じような人が集まるのです。

話が合い、生活のレベルが合う人です。

そのレベルから出て行ってしまう人は、そのグループから抜けてしまうのです。

日本で一番多いのはサラリーマンです。

サラリーマンから抜け出してしまった人は、サラリーマンとは話が合いません。

だから周りにそんな人はいないのです。

created by Rinker
¥1,350 (2019/01/17 15:40:48時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

自分が貧困だと自覚しないのは、ある意味幸せです。

ですが、一生5万円10万円を求める生活はどうなのでしょうか?

面白いのでしょうか?

記事下段に並べてアドセンスを表示

スポンサードリンク







-生活・健康