素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

生活・健康

【生活】通勤中のバッグが重いと感じる人が多数。軽くする方法は?

2018/01/05

通勤中のバッグは重いと感じますか?

重いと感じる人は、アンケートだと8割もいることがわかりました。

確かに1日に必要な物をバッグに入れていると重いです。

バッグを軽くする方法はないのでしょうか?

なんでバッグは重くなってしまうのでしょうか?



重いバッグは何キロ?

バッグが重いと感じる人は8割もいます。

具体的な重さは何キロでしょうか?

重いと感じる重さは2キロです。

2キロのペットボトルを毎日1本持ち歩いていることになります。

買い物をしている時でも、2キロのペットボトルは重く感じます。

それを毎日の通勤、通学で持ち歩いているとなると、重く感じるのは当然かもしれません。

なぜバッグが重くなる?

バッグはなぜ重くなるのでしょうか?

答えは簡単です。

必要だと感じる物が多すぎるのです。

財布、携帯、手帳、本、お弁当、水筒、化粧品などバッグに入れていたら重くなります。

確かに、書き出す限り必要な物です。

化粧品も女性なら多く必要です。

お弁当、水筒も食費を下げるのに必要です。

財布、携帯、手帳は外せませんし、本も必要です。

全部必要だと、バッグは軽くなることはありません。

仕事でパソコンが必要な場合、ここにパソコンが加わります。

さらにバッグは重くなり、何キロになってしまうのでしょうか?

どうやったらバッグは軽くなる?

バッグを軽くする方法は、必要な物を減らすしかありません。

財布は必要だけど、財布の中身を軽くするのです。

不必要なレシート、カード類の整理は重要です。

それに、お弁当、水筒も食費がかかっても良いのでしたら、減らすことはできます。

本はデジタルに変えることができます。

化粧品も最低限まで減らすことは可能なはずです。

本当に必要な物と、なくても問題ない物を分けるのは重要なことです。

そこで手間を惜しんでしまったら、バッグが軽くなることはありません。

重くても大丈夫な方法を使う

仮にバッグを軽くする方法がなかった場合です。

バッグの中身は必要で、減らすものが一切ない場合の手段です。

確かに必要な物を持ち歩いていて、減らしたとしても数グラムの場合、整理する必要がありません。

整理整頓の話は別として、重さだけで考えたら無駄としか言えません。

その場合、重くても大丈夫な方法を取るしかありません。

例えば、電車の中で座席に座ることです。

バッグが重く感じることはありません。

網棚にバッグを置いても良いですし、床でも良いです。

状況にもよりますが、重くても大丈夫な方法はあるはずです。

まとめ

通勤・通学時のバッグは重いです。

毎日持つものなので、重いと感じる人は多いです。

バッグを軽くするか、重くても重いと感じにくい方法を取るか、選択肢があります。

どちらかの方法を取り、負担を減らしましょう。

少しでも楽になる方法があれば、試すべきです。



-生活・健康