素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

節約

【節約】中古の化粧品を使用し、化粧品代を安くする

2018/06/10

中古市場が盛んです。

フリマアプリ、オークションなどの市場が非常に好調な為です。

フリマアプリは上場するぐらいの売り上げを上げ、中古市場を支えています。

中古の取引が盛んに行われているので、中古の商品を入手しやすくなっています。

化粧品も固定費と言えるぐらいの基本的な費用が必要です。

中古の化粧品を購入し、固定費を減らす方法もあります。



中古市場が非常に活発

中古市場が非常に活発なため、中古の商品、新古の商品などが手に入りやすくなっています。

中古・新古などは、取りそろえている一部のお店でしか手に入りませんでした。

それが今では、ネットで簡単に手に入ります。

しかも、フリマアプリ、オークションなどを利用すれば、お店を通さずに手に入れることが可能です。

お店を通さないのなら、中抜きがほぼなくなります。

利益を得ようとしても、薄利の場合が多いです。

在庫処分など、本当に必要ない人から譲ってもらえれば、原価より安く手に入る可能性もあります。

中古市場は非常に活発化しています。

給料が安い、物は高いから流行る市場

給料は上がらない。

物価は上がっていくという最悪の状況です。

そんな状況ならお金があるはずがありません。

普段使う物から経費削減をしていくことになります。

経費削減には、ブランドを安い物に変える。

安い似たような物を探す。

同じブランドで安く買うなどの選択肢になります。

安く買うには、安いお店を探すか、中古を使うかです。

一時期は中古のゲーム、本、CDなどで問題になっていました。

それが今では化粧品に波がきているのです。

対策される前に使用する

色んな人が中古の化粧品を使うようになれば、対策がされるようになります。

新品が売れなくなり、メーカーが儲からなくなるからです。

そうすると対策が行われます。

中古で販売するにも、メーカーの利益が乗せられる可能性は高いです。

メーカーの利益が乗せられれば、中古と新品の価格差は縮まります。

中古を買う意味がなくなってきてしまいます。

その前に中古を使用し、対策をされるまでの期間だけでも、安く買う必要はあるかもしれません。

市場が過熱すれば、対策は確実にされます。

中古は中古、新品ではない

中古は安く買うことができます。

ですが、注意は必要です。

中古は、あくまで中古です。

新品ではありません。

そして販売しているのは、あくまでも個人です。

商売人ではありません。

完璧な包装で、完璧な状態ではありません。

安く物を買うにはリスクは確実に着いて回ります。

異物が入っているかもしれない。

どんな人が使ったかがわからない。

どんな使い方をしていたかわからないことです。

中古は完璧な商品ではありません。

まとめ

中古にはリスクが付き物です。

やはり中古は中古です。

完ぺきではありません。

リスクは確実に付き物です。

でうsが、うまい付き合い方をすれば、固定費を下げることができます。



-節約