素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

節約

【節約】話題のジェルボール洗剤の洗濯実力とコスパ

2017/01/31

洗剤の新製品のジェルボールを使用したことはありますか?

ジェルボールを検討中の人も知りたいジェルボールの洗濯実力とコスパの分析です。



ジェルボールとは?

ジェルボールとは新しい洗剤のジェルで洗剤を包み込んだボールのことです。

海外では好評なものが日本で発売され、店頭では目立つ所に置いてあります。

洗剤とは思えないほどの感触や見た目が特徴的です。

洗剤を投入するのも手を汚さず、ボール1個なので計量いらずで楽ちんです。

この手軽さが最大の売りで、猛プッシュされています。

各社、オリジナルの物を発売していて、色んな種類から選ぶことができます。

ジェルボールの洗濯の実力

洗濯の実力は、液体洗剤と同等です。

ジェルボールという名前でも、中身は液体洗剤と同成分なので、当然です。

洗剤力は同等ですが手軽さが違うので、便利と感じます。

■洗剤力のランキング

1、粉洗剤

2、液体洗剤

3、ジェルボール

ジェルボールが液体洗剤と同等と説明しましたが、ランキングが下なのは計量ができないからです。

液体洗剤でしたら、汚れがひどい時には多めに入れたり、直に洗剤をつけたりできます。

ジェルボールでは裏技のような洗い方は、一切できません。

ジェルボールを投入するだけです。

ジェルボールのコスパ

ジェルボールのコスパは洗濯量によって変わってきますが、良くはありません。

洗濯する量が少ないと、高くつきますし、多いと洗えているか不安になる所です。

■洗剤別コスパ

※2kg分、水30L

1、粉末洗剤 約6円

2、液体洗剤 約7円

3、ジェルボール 約16円

液体洗剤と比べて2倍以上の価格です。

これが6kgの洗濯となると、ジェルボールは金額の変化がないので、同等ぐらいになります。

価格からわかることは、一人暮らしでは価格が見合わないということです。

家庭を持ち、それなりに洗濯量が多い所でしたら、簡単に洗濯ができるので、非常に便利です。

柔軟剤のジェルボールには入っているので、柔軟剤も購入する必要がありません。

その分を差し引いたら、ジェルボールは断トツで安いのではないでしょうか?

ジェルボールのデメリット

簡単に洗濯ができますが、デメリットももちろんあります。

■ジェルボールのデメリット

*洗濯量によって、洗剤を少なくできない

*子供が口にする可能性がある

*直に洗剤をつけられない

*洗濯物を漬け置きできない

*柔軟剤が選べない(匂いが一緒)

*着色剤入り

*洗濯力の不安(ジェルは水に溶けずらい)

デメリットを上げると、意外と多いです。

簡単に洗濯ができるのは良いですが、デメリットは解消できるのでしょうか?

まとめ

結論から言うと、ジェルボールはオススメできません。

問題点や不安な物が多いです。

死亡事故などもでていますし、様子見が有力です。

サンプルで洗剤についていたりもするので、試しに使用するはありですが、買い替えは悩みます。

サンプル程度でしたら、使ってみて検討してみてはいかがでしょうか?



-節約