素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

経済

【経済】お客様が偉すぎる世の中は変じゃないですか?

コンビニ、居酒屋、レストラン、駅、スーパーなど、誰でも毎日立ち寄る場所があります。

そこで、1週間に1回は、店員と口論しているお客さんがいます。

店員のミスなのか、お客さんの言いがかりなのかはわかりません。

この光景を見るのが慣れてきました。

ですが、この光景は変じゃないですか?



いつからお客さんはお客様に変わった?

お客様は神様です。

そんな言葉があるから、お客さんが勘違いをしていることが多いです。

確かに物を買ってくれたり、サービスを利用してくれるのはありがたいです。

利益を生みますし、利益がないと企業が成り立ちません。

ですが、お客様は神様ではありません。

お客さんは大切ですが、無理難題を言う人は、そもそもお客さんではありません。

クレーマーです。

そんなクレーマーの対応をする必要はないのです。

言いがかりをつける人が増えた

世の中にはイライラしている人が増えました。

それも理由の1つだと思いますが、言いがかりをつける人が増えました。

コンビニの年齢確認ボタンに言いがかかりつける。

電車が遅れて言いがかりをつける。

トラブルは確実にありますし、年齢確認のボタンも、元々は言いがかりからついたボタンです。

世の中を住みにくくしている人は、言いがかりをつけている人です。

未成年に年齢確認を確実にするために、ボタンがつきました。

未成年だと判断できないので、全員に年齢確認をするようにしました。

元々はちっぽけなクレームから始まった対応なのです。

自分より弱い人にだけ文句が言える人

自分より立場が弱い人にだけ、文句が言える人が多いです。

学校、会社では自分より強い人には文句が言えず、YESマンを貫いています。

いい人と呼ばれていることが多いです。

でうsが、外では自分より弱い立場の人には、キツイ文句を言います。

そんな姿を見て、ゲンナリする人も多いです。

人の裏の顔とでも言いましょうか。

やり方が汚い人が増えているのです。

ストレス社会の表れでしょうか。

世の中が悪い方向に向かって行っている気がします。

怒らないようにするには?

イライラしている人が、世の中に増えた気がします。

何をやっても上手くいかない。

バブルの時代は、何をしても上手くいく世の中でした。

今では一生懸命に頑張っても、上手くいくことが少ないです。

時代に取り残され、置いて行かれている人は、特に多いです。

そんな人は成功する可能性も、非常に少ないです。

そんな人がイライラしているのです。

自分の思い通りにいかないと、初めから思っていれば、そんなことにはなりません。

自分で自分のできる範囲で努力をして、生活をするのです。

他人とは比べない。

自分の思い通りに生活をすることが大事です。

まとめ

自分より弱い立場の人間にしか、怒ることができない。

そんな人間は最低です。

ですが、そんな人が増えたのも事実です。

他人の振りを見て、自分の振りは治した方が良いです。

自分で気が付かないことは多いです。



-経済