素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

雑学

【雑学】あけおめコールの規制緩和!電話などが繋がらなくなるのは過去の話

2018/01/29

毎年、あけおめコールは控えてと各携帯電話会社から通知がありました。

2017年までは、精力的に通信を控えてと連絡していました。

ですが、2018年からはあけおめコールを控えてという連絡はありません。

あけおめコールを控えてというのは、なぜなくなったのでしょうか?

その理由を探ります。



あけおめコールとは?

主に若い世代が、あけましておめでとうということを電話や、メール、ラインなどで連絡することです。

年が変わる、0時に連絡が集中し、サーバーなどのネットワーク設備がパンクし、規制がおきることです。

年が変わることは、日本全国で起きていることなので、、パンクする可能性が非常に高いです。

コンサートのチケットなどは、一時期の対応だけで済みます。

ですが、年か変わるのは、全員が対象なので、対応しきれなくなり、パンクしてしまうのです。

当時はあけおめコールが原因で、通信障害がおきていました。

電話もメールも、ラインも使えなくなり、携帯電話としての機能は皆無でした。

それが、数時間たてば復帰し、使えるようになっていました。

年末年始の風物詩ともいえる現象が、毎年起こっていました。

携帯電話会社の対応強化

あけおめコールの対処として、携帯電話会社の対応強化が一番の理由です。

ネットワーク設備の強化などを積極的に行い対応をしました。

あけおめコールと言われると、年末年始の風物詩だけで片付けられる話です。

ですが、サーバーダウンなどは、年末年始の風物詩だけではすみません。

自然災害などの緊急事態でも、サーバーダウンにより、連絡がつかないことが多く増えていました。

実際に、多くの地震などで、連絡が取れないことはあります。

その時は掲示板などを設置し、連絡を取るなどの対処法をしていました。

ですが、それが非常に不評で、サーバーの強化などの対応をせざるをえない状況でした。

電話からラインに変化

ユーザーの連絡を取る方法の変化にも、原因はあります。

ラインが市場で流行りだし、電話からラインに、連絡を取る手段が変化しました。

電話から、ラインに変化すると、負担が携帯電話会社だけではなくなります。

Wi-Fiを使用していれば、インターネットのサーバーの負担になります。

インターネットは携帯電話とは違い、整備が進んでいます。

会社数も多く、サーバーがダウンするということは考えられにくいです。

実際に、平日の昼間などは問題なく使え、混んでいる時に遅くなる程度です。

使えなくなるという所まではきてないないです。

それが理由でもあります。

年々改善されていた問題点

あけおめコールは控えて、という連絡は2017年までで改善はされていました。

以前は時間が2時間程度は、連絡がつきにくくなるということでした。

それが、年数が進むにつれ、2時間から1時間に、1時間から30分に変更をされていました。

その時点でも、当初の1/4の時間です。

それが、2017年には、時間を表示せず、控えてという注意のみです。

これだけでも、非常に進んだ対応です。

これが2018年には、あけおめコールは控えてという連絡もなくなりました。

非常に進んだ結果です。

まとめ

以前はあけおけコールは風物詩のようなことでした。

年が変わってからは、そこらじゅうで連絡を取り合っている人が多かったです。

今ではラインに変わり、連絡の取り方が変わりました。

それに、携帯電話会社のサーバー強化により、対応が進みました。

今では問題なく、連絡を取ることができます。



-雑学