素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

雑学

【雑学】はちみつは1000年以上も腐らない理由

2017/05/14

はちみつは腐りません。

この事実を知らない人は損をしています。

はちみつは腐らないと言っても、賞味期限は気にしてしまいます。

ですが、腐らない理由を知っていれば、賞味期限など気にしなくて良いです。

腐らない理由を説明します。



3000年前のはちみつも食べることができる

エジプトの時代のはちみつが発見されたことがありました。

年数は3000年前の時代です。

日本は縄文時代の後半に差し掛かっています。

中国は周の時代です。

その時代にできたはちみつが発見され、腐っていなかったので、食べることができたんです。

品質にも、ほとんど変化が見られず、美味しく食べることができました。

なぜはちみつは腐らないのか?

はちみつは高糖度(80%以上)入っています。

はちみつの甘さは、この高糖度が理由で甘いのです。

この高糖度は、バクテリアを繁殖させにくくさせる作用があります。

はちみつの中にバクテリアは入ってきても、バクテリアの水分を取り除き、バクテリアが生きられないのです。

その効果のおかげで、はちみつが腐ることはないのです。

確かに食べ物が腐る原因は、バクテリアが原因です。

そのバクテリアが活動できないとなれば、腐る原因はありません。

賞味期限は気にした方が良い?

はちみつは腐りません。

ですが、スーパーなどで売っているはちみつには賞味期限が表示されています。

これって、矛盾していませんか?

実は、この賞味期限は、美味しく食べることができる基準でしかありません。

消費期限なら、その期間内に消費してくださいという表示ですが、賞味の場合は違います。

あくまで一般的な期間ですので、それほど気にする必要はありません。

注意することはある

はちみつは腐らない。

これは事実です。

ですが、はちみつなら何でも腐らないというのは違います。

あくまで高糖度の物だけです。

糖度が低い物は腐ります。

それははちみつが腐らない理由から外れているからです。

それだけは注意していないと、腐らないと思って食べたら腐っていたということにもなります。

糖度には注意が必要です。

まとめ

はちみつは腐りません。

数年置いたはちみつも、白くなっていることがあります。

この白いのは結晶化をしているだけで、腐っているわけではありません。

はちみつは非常食に良いかも知れません。



-雑学