素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

雑学

【雑学】ホテルのキャンセル料は支払わないといけないのか?

2016/12/07

ホテルを予約する時に必ずある文面。

「〇日前のキャンセルは、宿泊費の〇%請求、当日は100%請求いたします」

さて、この文面通りキャンセル料は支払わないといけないのでしょうか?



キャンセル料って何?

ホテルに宿泊する時に予約を入れます。

予約の段階で、書いてある文面のことです。

例えば、「宿泊日の当日の連絡であれば宿泊料金の80%、連絡が無かった場合は100%、前日は20%の料金を請求いたします」

この文面がキャンセル料です。

キャンセル料は支払わなければならないのか?

支払わなければならないのか?についての質問の回答は、支払わなければならないです。

理由は予約した時に、約束をしたからです。

この約束は「契約」となり、支払いの義務が生じます。

義務は法律で認められているものなので、裁判をやった場合は、支払わないことに対して負けます。

それは、契約違反となるからです。

キャンセルの方法

宿泊をキャンセルする方法は、ホテルに直接電話か、予約サイトを通しての連絡になります。

そのどちらかでキャンセルをする意思を伝えれば、宿泊をキャンセルすることにホテル側も合意したことになります。

この時点で、ホテル側が「キャンセル料を支払え」か「キャンセル料なし」になるかがわかります。

いずれにしても、キャンセルの連絡は必要です。

人によって違うキャンセル料

キャンセルの連絡をした時に、対応したホテルマンによって、キャンセル料が発生するかどうかが決まります。

事務的に、「キャンセル料〇〇円です」と言われる場合もあるし、「今回は結構です。またぜひ予約してください」になる場合もあります。

それは人によってなので、どうなるかはわかりません。

同じホテルを利用したいか?

キャンセル料を支払ったホテルに、また利用したいかは、どうでしょうか?

正直、どんな理由でもキャンセル料を支払うことは腹立たしいことです。

そんなホテルに泊まりたいですか?

それを知っているから、ホテルはキャンセル料を強制的に徴収はしないんです。

ホテルも客商売なので、お客さんがいなくなれば潰れます。

厳しいのは団体様

キャンセル料に厳しいのは団体のお客さんです。

団体様が急に泊まれなくなった場合は、ホテルの経営に関係してきます。

その日にたつ売り上げがなくなってしまったら大変です。

そんな時は、キャンセル料が発生しても、しょうがないことです。

キャンセル料の項目を設けた理由

ホテルのキャンセル料の項目を設けた理由は、威嚇のためです。

もしキャンセル料がなければ、「なんとなくこの辺りで宿泊したい」だけで予約を取ります。

その場合、行けなくなった理由も適当です。

そうすると、ホテルの経営が成り立たないんです。

それと、朝食・夕食付きのホテルの場合、食材を仕入れなければなりません。

この仕入れにお金が発生するので、宿泊費の数%必要なのは納得できることです。

キャンセル料を踏み倒した場合

キャンセル料を踏み倒した場合は、ブラックリストに載ります。

しっかりとキャンセルの連絡を入れれば、そうそうは請求されないのですが、請求してくるホテルもあります。

そんな時に支払わなかった場合、ブラックリストに載り、二度とそのホテルに宿泊できなくなります。

もちろん系列店も宿泊できないですし、ホテル連盟にも名前は回るかもしれません。

支払いを踏み倒すのであれば、非常に注意と覚悟が必要です。

キャンセル料でのトラブル

キャンセル料でのトラブルがあります。

1、お客さんがキャンセル料を踏み倒した場合のトラブル

2、キャンセル料が異常に高額だった場合のトラブル

問題になるのは2のキャンセル料が異常に高額だった場合のトラブルです。

ホテル側も一歩も引かないので、裁判になっている場合もあります。

ホテルの知名度が落ちるので、どうかと思いますが、そんな事例もあります。

まとめ

ホテルのキャンセル料は発生します。

そのキャンセル料はホテルにより違いますが、連絡を入れれば請求してくるホテルは少ないです。

ただしトラブルの元なので、予約の段階でよく考えて予約をするようにしましょう。



-雑学