素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

雑学

【雑学】値段が高いスーツと値段が安いスーツは見た目でわかるのか?

2019/01/04

サラリーマンの人で、つきまとう悩みの種があります。

それはスーツです。

どれくらいの価格の物を選べば良いのかが、全くわからない人も多いはずです。

高いスーツと安いスーツは、何が違うのか?

違いがわからなければ、何を基準に選べば良いかがわかりません。

値段が高いスーツと値段が安いスーツは見た目でわかるのかだけでも知りたいはずです。

見た目で違いがわからなければ、安いスーツでよいはずです。

スポンサードリンク




スーツは必需品だけど興味がない人が大半いる

サラリーマンを仕方ないからやっている。

仕事着はスート決まっている。

そんな人は多いはずです。

仕方ないからやっている仕事のスーツ、興味がありますか?

恐らく、興味がない人が大半のはずです。

正直、どうでも良いと思っている人も多いはずです。

多少ヨレヨレだろうが、汚かろうが、興味がない。

お客さんに会わなければ、どうでも良いと思っている人も多いはずです。

スーツって、実際はその程度の興味しかないんです。

高いスーツを着ても、安いスーツを着ても一緒ではないでしょうか?

スーツ専門店の割引が大きくて、相場の値段がわからない

物には相場という物があります。

パソコンだったら、これぐらいの値段。

コップだったら、これぐらいの値段。

何にでも相場という物があり、値ごろ感というものがあります。

相場、値ごろ感を外してしまっていたら、値段が高いだの安いだのというものが出てきます。

ではスーツの値段はどうでしょうか?

大手スーツ販売会社のアオキ、青山、コナカなどでは、定価が存在します。

ですが、半額セールを常にやっているイメージがあり、割引制度も多いです。

値段が相応なのかが、全くわからないという人は多いはずです。

相場を決めるなら、いつもこれぐらいの値段で買っていたような気がするという自分の感が頼りになります。

スーツの値段は滅茶苦茶なんです。

高いスーツと安いスーツは何が違うのか?

では、高いスーツと安いスーツは何が違うのでしょうか?

違いはあります。

ですが、素人にはわかりません。

違いは縫製、生地、オーダーメイドか量産で決まることが多いです。

縫製・・・機械か手

生地・・・着心地

オーダーメイド・・・個人向けか誰でも良いか

良いスーツは、オーダーメイドで、個人向けに作られます。

つまり、着心地やフィット感が、全く違うのです。

歩いていてスーツが似合っている人を見たことがないでしょうか?

新卒の人のスーツに着せられてる感じではなく、着こなしている感じです。

どう見てもカッコよく見えるのですが、それが良いスーツです。

高いスーツと安いスーツの差は、全く違うのです。

何でも良ければ安いスーツで良い

スーツなんて、ある程度で良いと思う人は、安いスーツで良いです。

汚れたら捨てるぐらいの感覚なら、できるだけ安い物が良いはずです。

仕事によっては、スーツがすぐに汚れるという人もいるはずです。

それだったら、イオンの安いスーツで十分ではないでしょうか?

わざわざスーツ専門店で1万円以上出して買う必要もありません。

イオンなら1万円を切りますし、アウトレット品などを狙えば、もっと安く買うことができます。

何でも良いと思うなら、安くスーツを買う方法を探した方が良いです。

そうすれば仕事に使う出費を大きく減らすことができます。

まとめ

高いスーツと安いスーツを見た目だけで判断するのは難しいです。

それにスーツを着こなしたいのなら、スーツだけではなく小物も揃えなければなりません。

そうしないと、せっかく高いスーツを買っても、高いスーツに見えないからです。

似合っているスーツを着ている人はカッコイイです。

そうなりたければ、自分に合うスーツを探すしかないです。

記事下段に並べてアドセンスを表示

スポンサードリンク







-雑学