素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

雑学

【雑学】電話が苦手な人の理由

2017/01/29

電話が苦手な人は世の中に沢山います。

逆に電話が好きな人も世の中に沢山います。

電話が好きな人と苦手な人の違いは何でしょうか?

違いを比べてみました。



電話が好きな人

電話が好きな人は、典型的な話すのが好きな人です。

*少しでも話したい

*近くに人を感じていたい

そんなことを思っている人です。

外国の人は愛情表現を電話でします。

よく街中で外国の人が電話で永遠と話しているのを見たことがありませんか?

電車を待っている時でも、歩いている時でも、何をしている時でも電話で話しています。

実は奥さんや彼女と話していることが非常に多いです。

今何やっているの?から、何をしている所、今日の夕ご飯など、たわいもない会話を永遠としています。

これが愛情表現なのです。

少しでも近くにいたい。

そんな思いから永遠と電話をしているのです。

人前でも恥ずかしいことはありません。

世界に1人だけの人を愛しているのですから、何も問題ありません。

電話が苦手な人

電話が苦手な人の理由は下記です。

*人に会話を聞かれるのが嫌

*電話で無言になるのが嫌

*会話が続かないかもしれない

*時間を拘束されるのが嫌

*相手の顔を見ないで話すのが嫌

電話は独特の雰囲気です。

対面して話していないので、相手の雰囲気を察知しずらいです。

そんな中で会話が途切れてしまったらと考えると、電話は苦手になるのも無理はありません。

会話はできれば会ってからしたいと思うのは、誰でもあるはずです。

その思いが強いので、電話が苦手なのかもしれません。

電話が得意な人と苦手な人の違い

電話が得意な人と苦手な人の違いは、電話に慣れているかの違いです。

電話を不安がらない人は電話が好きです。

たしかに遠く離れていても、電話があれば相手の声が届きます。

それに相手の雰囲気もわかりますし、繋がっているような感覚になります。

メールよりも電話というのは正しく、電話だと相手の感情が伝わります。

電話は非常に大切なコミュニケーションツールです。

電話を克服するためにすること

電話に対しての苦手意識を減らすには、慣れることが大切です。

恋人や友達など、話しやすい人と電話を始めてみましょう。

話題が豊富で無言になることは少ないはずです。

それに初めての人ではないので、切りたい時に電話を切れます。

そうしていくうちに電話に慣れてくるはずです。

克服するには電話に慣れるしかありません。

まとめ

電話は非常に大切なコミュニケーションツールです。

電話が苦手ということは、1つ便利な物を使わないことになります。

少しでも苦手意識を減らし、電話ができるようになった方が便利になります。



-雑学