素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

飲食

【飲食】回転寿司にコスパを求めるのはアリなのか?

2017/03/16

回転寿司は安くて美味しいの代名詞でもあります。

お昼時や休日のご飯時は異常なぐらいの列ができていて、2時間待ちなんかも平気であります。

そんなに待ってまで食べたい人が多いのが回転寿司です。

その回転寿司でコスパを求めるのはアリなのでしょうか?



もともとコスパが良い回転寿司

回転寿司はコスパを求めなくても、コスパが良いです。

スシローの原価は50%超えの品もあるほど、原材料費がかかっています。

高級と言われる寿司屋でも、25%程度なので、原材料費の高さがわかりやすいです。

しかも新鮮で時間がたつと廃棄になり、注文するとすぐに持ってきてくれる。

品数も多く、1皿100円からです。

最近では100円と200円のお皿が入り混じっていますが、ほぼ100円で食べることができます。

沢山食べても、1000円ぐらいなので、お寿司が気軽に食べることができます。

これだけ安く便利なのに、コスパを求めることはできるのでしょうか?

品質を落としてしまった回転寿司がある

回転寿司がブームとはいえ、脱落してしまった回転寿司もあります。

スシローの原価が50%を超える中で、原価を落とすお店もあります。

寿司はネタが命なのでネタは変えられません。

その変わり、人が握らず機械の導入、人件費を削る為に人を減らすなどです。

人が握っていないのは元々でしたが、ネタを乗せるだけでなく、握ることをしていました。

その作業さえもなくしてしまい、シャリにネタ乗せのような状態で出てくる所もあります。

儲けを出すために、店側も必死の対応を見せています。

入店時間が重要

回転寿司といえど、お寿司には変わりはありません。

寿司はネタが新鮮な方が美味しいです。

新鮮なネタは時間によって変わってきます。

早すぎても、遅すぎてもダメです。

やはり19時前後の時間が一番良い時間帯です。

その時間に入店をすることが一番良いネタにありつけます。

時間が遅すぎると、売り切れが多発していて、食べる物がないなんてこともあります。

何でも選べて、美味しく、早く食べれるのが回転寿司の良い所です。

それを活かすためには、時間を選ばなくてはなりません。

ネタ名と提供されるネタが違うことがある

詐欺ではありません。

日本の法律で問題ないとなっているので、問題ありません。

*別のネタで提供されるネタ

サーモン→ニジマス

タイ→テラピア、アメリカナマズ

エンガワ→オヒョウ、アブラガレイ

有名なのは上記です。

今はもっと多いのかも知れません。

同じ味がすれば問題ないので、問題ないとなっています。

確かに、気が付く人は少ないです。

回転寿司がこれだけブームになっているのに気が付く人は少ないです。

まとめ

回転寿司でコスパを上げるには、伝統的なネタを食べるのが、最も効率が良いです。

やはり看板メニューなので、原価を落とすことはできません。

その中で、どうやって原価率が高い物を食べ続けられるかだと思います。



-飲食