素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

飲食

【飲食】常連しか買えないサーティーワンの買い方

サーティーワンは言わずと知れたアイスの専門店です。

若者に絶大な人気があり、若い人が集まる所には必ず出店しています。

ですが、注文の仕方が非常に難しいです。

1度も行ったことがない人は、1人では入りづらいです。

アイス好きのおじさんの為に買い方を解説します。



サーティーワンの簡単な買い方

サーティーワンは1度も行ったことがない人は入りづらいです。

買い方がわからないからです。

恥をかくことは誰でも嫌なので、知らないことはやらない。

ですが、食べてみたいという人の為の買い方ガイドです。

買い方の簡単な流れです。

1、サイズ・個数

一番初めはサイズと個数の選択です。

*サイズ

種類:スモール、レギュラー、キング

*個数

シングル、ダブル、トリプル

「スモール、ダブルで」という人が多いです。

2、入れ物

次に入れ物選択です。

*入れ物

カップ、コーン、ワッフル

サイズ・個数と一緒に注文する人も多いです。

「スモールをダブルのカップで」という感じに注文します。

3、フレーバー選択

ここからはフレーバー選択です。

定番・限定などがありますが、ガラスの向こうのアイスを直接見るよりは、メニューを見た方が早いです。

*人気があるのはポッピングシャワー、キャラメルリボン、ストロベリーチーズケーキです。

まずは人気がある物を注文してみて、2回目以降は自分の好きな物で良い気がします。

サーティーワンに入りずらい人が多い

サーティーワンのアイスは買い方がわかりづらいです。

何をどうしたら良いのかがわかりにくいです。

その為、入りづらいです。

若い人は友達に連れて行ってもらって、買い方を覚えることができます。

ですが、自分の周りでサーティーワンに行く人がいない場合、一生行くことができません。

自分で恥を忍んで、店員に教えてもらわなければなりません。

プライドの高い高齢者の人は、そんなことができる人は少ないです。

そのことがあり、サーティーワンには若い人が多く、年配の人は少ないのです。

なぜサーティーワンは買いづらいのか?

サーティーワンはアメリカのアイスを日本に持ってきた形式です。

アメリカで流行っているアイスを日本仕様にし、販売しています。

それが理由で、販売の形式もアメリカ仕様です。

日本企業のような、誰でも買うことができるというわけではありません。

知っている人しか買えない、わからなかったら聞くしかないのがアメリカの仕様です。

買い方ガイドがあるわけでもないので、知らない人は入りづらいです。

それでも人気のサーティーワン

買い方がわからない、買うことができない。

そう言われることもあるサーティーワンです。

ですが、それでも人気が非常に高いです。

今までの日本のアイスのような単色で1つの味しか楽しめない物ではないからです。

派手で食欲をそそり、限定品などで楽しませてくれるから飽きがこないのです。

味も人気があり、少し高いですが、買う人は多いです。

まとめ

やはりサーティーワンは買いづらいです。

最近は色んな人が買っている姿を見ますが、数年前までは若い人だけでした。

やっと、年配の人も近づくことができるお店になりました。

やはり買い方がわかりづらいと、入りにくいです。

もう少しわからやすいと良いです。




-飲食