素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を1つ1つ解決していきます。

雑学

やかんはどれくらい使ったら買い替え時なの?

2019/01/21

一家に1つはある、やかん。

お湯を沸かすのに便利な物です。

最近では電気ケトルを使っている人も多いですが、やかん派も多いです。

やかんは1度買ったら、いつまでも使っていることが多いです。

汚れや機能性はどれくらい使っても変わりはないのでしょうか?

スポンサードリンク




汚れても洗えば問題がない

やかんの汚れは、洗えば問題がありません。

電気ケトルとは違い、電化製品ではありません。

丸洗いしても、何も問題がありません。

電化製品の場合、どうしても丸洗いができず、拭くだけしかできない場合があります。

やかんはそんなことは関係なく、丸洗いが可能です。

汚れた部分と一緒に、丸洗いをしてしまって全体を綺麗にすることが可能です。

お湯を沸かすぐらいでは洗わなくても良い

やかんの使い方はお湯を沸かすことです。

お湯を沸かす用途しか使わなければ、洗う必要はありません。

沸騰させてしまえば、菌が死滅するからです。

ラーメンの汁などが撥ねてしまって汚れてしまったなどのことがない限り、問題はありません。

ただし、埃が入ったなどのことがある場合は別です。

すすいだりする必要はあります。

それと、お湯以外の物を沸かす場合も別です。

お茶、コーヒー、紅茶などを沸かした場合、匂いがつきます。

匂いを取り除くために、洗うことは大事です。

やかんの機能はどれくらい使っても落ちない

基本的には、やかんの機能はどれくらい使っても落ちません。

穴が空いたりした場合は別ですが、基本的な機能は変わりません。

作りも簡単で、機能が落ちることがないのです。

ただし穴などが空いた場合は別です。

沸騰までに時間がかかったりすることはあります。

それでも、1分違うかどうかの世界です。

お湯が沸くまでの時間を計っている人は少ないはずです。

そんな1分2分違うだけで、体感時間はそうそう変わりません。

細かい時間を言ってしまったら、部屋の温度や、水の温度でも違います。

違いに気が付く人はいないはずです。

買い替えのタイミングは汚れよりもサイズ

やかんの買い替えのタイミングは、汚れよりもサイズです。

一度にどれくらいの水を沸かしたいかによって違います。

家族が増えたら、一度にお茶を入れる数が違います。

その場合、大きなやかんが必要になります。

それに、やかんでお湯を沸かした後に、魔法瓶に移す場合も大きなやかんの方が良いです。

毎回沸かすよりも経済的だからです。

やかんの使い方などを考えた場合、買い替えた方が良いこともあります。

まとめ

やかんは何もなければ10年20年でも使うことができます。

それは壊れることが少ないからです。

ですが、使用用途を変えた場合、買い替えることは大事です。

記事下段に並べてアドセンスを表示

スポンサードリンク







-雑学