素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

生活・健康

【健康】健康になる青汁の飲み方は?1日の摂取量とタイミング

2016/08/28

健康になるために飲む青汁。

一時期はCMで青汁を飲んだ後に「まずい」と放送されていました。

このCMがキッカケで青汁を知った方も多いでしょう。

ですが「青汁=まずい」というのが頭に残り、飲みづらくなったのも、このCMの影響です。

そのCMから数年経過し、青汁は飲みやすく進化しました。

実際に飲んでいる方も増えました。

その健康になる為に飲んでいる青汁ですが、飲み方を間違えると不健康になります。

「健康になる青汁の飲み方」をご紹介いたします。



青汁の味

青汁は不味くありません。

CMの影響なのか「青汁なんて不味いものを、よく飲めるね」なんて声を、よく聞きます。

昔に飲んで不味かったから体験談もあるのでyそうが、今は不味くはありません。

濃い目の緑茶のような味です。

メーカーによって、味は違いますが、どのメーカーも「飲みやすい青汁」を目指して作っています。

今、不味い青汁を作ったら、間違いなく売れないことがわかっているので、どのメーカーも味にこだわっています。

青汁の正しい飲み方

青汁に正しい飲み方はありません。

どんなタイミングでも、飲んでも大丈夫なのが青汁です。

前提に青汁は医薬品ではありません。

薬は、用法容量を守って、正しく飲みましょうとなっているのですが、青汁は薬ではないので、正しい飲み方は存在しません。

ただし、飲む量は決まりがあります。

メーカーによって違うので、パッケージ見て確認をして欲しいのですが、1~2包が多いようです。

青汁を飲むタイミング

飲むタイミングは、青汁に何の効能を求めているかによって違います。

1、ダイエット目的

ダイエット目的の場合は、食前か食事中に飲んでください。

このタイミングなら、

2、栄養不足(野菜など)

栄養を補う為に飲むのなら、朝食前が最適です。

3、便秘解消

便秘解消には就寝前が最適です。

4、血糖値改善

血糖値が気になる方は、食事中が最適です。

タイミングにより、効果が違ってきます。

気にして飲むことにより、青汁の本来の効果が発揮されます。

青汁を飲みすぎてしまうと?

青汁を飲みすぎてしまうと、下痢になる可能性があります。

食物繊維が豊富なため、腸に影響を与えてしまうのです。

アレルギー持ちの人はアレルギーに反応をしてしまう可能性があります。

健康になる為に飲む青汁ですが、栄養を取りすぎも体に毒です。

そこだけは注意が必要です。

青汁だけでは栄養素全ては補えません

勘違いをしている人がいますが、青汁だけでは栄養素全てを補えません。

あくまで食事のサブ的な役割で青汁を飲むことをお勧めします。

青汁だけで健康は維持できませんし、青汁だけで食事を抜くこともお勧めしません。

まとめ

青汁は健康維持の為に飲むには最適な飲み物です。

効能は多岐に渡りますが、何を目的に飲むかによって、飲み方が違います。

ダイエットなのか、健康維持なのかです。

健康食品といっても、飲みすぎには注意が必要です。

守ることは守って、健康を維持しましょう



-生活・健康