素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

副業・貯金

【貯金】私の貯金のやり方を紹介。このやり方で、1,000万円の貯金を作りました。

2016/12/03

毎月、給料をもらい、貯金にはどれくらいの金額を毎月貯金できていますか?

毎月の頑張りが、将来への安心に繋がる貯金。

頑張って貯金したいと思いつつも、なかなかできないんです。

「余ったお金が貯金だ」なんて言う人も、昔はいました。

若いころには「管理しなくても勝手に溜まる」という人もいました。

中には実家なので、貯金を気にしない人もいました。

ですが、歳を重ね、実家を出て結婚すると、どうでしょうか?

貯金できていますか?

収入にもよりますが、できない人が大半だと思います。

それは、使う金額が増えたためです。

それを抑えて貯金する方法を考えましょう。



強制貯金

強制貯金とは、財形などのいわゆる強制的に引かれる貯金です。

私も昔は財形に頼っていました。

電機や水道代みたいに毎月自動的に、強制的に引かれるんです。

そして金利も微々たるものですが、高いんです。

金利は気にしなくても、強制的に引かれるのは良いことです。

ボーナスをすべて貯金にする

これも昔やっていました。

ボーナスを頼りにせずに、普段の給料のみで暮らすんです。

ボーナスで贅沢はせず、普段通り生活できれば、ボーナスが年間2か月なら、

2か月分の貯金ができます。これもオススメの方法です。

株を買う

貯金とは違いますが株を購入するのも手です。

株は現金ではありません。

いざという時に使えないんです。

現金化するのが手間だと思っていれば、そのお金を頼りにしません。

それに、株は株主優待がもらえるものもあります。

それをうまくコントロールすれば、生活費を減らすことができます。

口座を分け使う金額を決める

これも実践済みです。

口座を複数用意し、それぞれの口座に用途別にお金を入れるんです。

遊び用、食費、電気ガス水道など、分けておけば使う金額が一目でわかります。

これもわかりやすくするには良い手です。

ひたすら我慢

最初に思うことです。

貯金をする=我慢する

この数式が頭にありませんか?

これ難しいようで簡単なんです。

我慢をするといつかは爆発します。

それをコントロールできれば、うまくいくんです。

例えば、20日のみ1万円使えるとか、5の付く日は外食できるとかです。

この指定した日しか特別に何かをしなくなります。

これ、実はこの指定日が楽しみになるんです。

そうやって決めてしまえば、貯金と欲求をコントロールできるんです。

まとめ

貯金をうまくする方法は、自分をコントロールすることです。

欲求に勝たなければいきないですし、かといって抑えるのも難しいです。

その時は欲求をコントロールすることが大切です。

一度実践してみてはいかがでしょうか?



-副業・貯金