素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

生活・健康

【生活】ワイシャツの寿命と捨て時は?

2016/12/03

社会人になって、スーツを着だしたら、必ず付くものがワイシャツです。

ワイシャツは消耗品のクセに、意外と値段がするんです。

安いのだと980円、高いのだと数万円まであります。

その消耗品のワイシャツ、いつ捨てていますか?

意見を元に、捨て時を探ってきました。




黄ばみなどの汚れが落ちなくなった

よくあるのが、汚れが落ちなくなったから捨てるパターンです。

ワイシャツは白が基本で、色々な色が出ています。

ですが、濃い色のワイシャツって、着づらいですよね。

薄い色のワイシャツは、汚れが付きやすいんです。

ラーメンを食べたら、スープが跳ねたりしますし、汗のシミなど、可能性は多いです。

その汚れが落ちなくなったら、捨てます。

糸のほつれ、破れ

次のパターンは、糸のほつれ、破れです。

黄ばみと一緒で、着ていると恥ずかしいです。

そんな時は、迷いなく捨てましょう。

自分で着ていても気が付きませんが、他人が着ていたら気が付きます。

そんなもんですが、自分で気がついたら、迷いなく捨てましょう。

サイズが変わった時

強制的に捨てなければいけないのが、サイズが変わった時です。

急には太ったり、痩せたりしませんが、サイズが変われば首回りなどが変わり、そもそもボタンが閉まらないなどのトラブルがおこります。

そんな時には、迷わずに捨てましょう。

粘っても着れません。

ブームが終わった時

ワイシャツにもブームはあります。

柄付、裏生地付きなど、オシャレなワイシャツが多く出ていますが、そのワイシャツのブームが終わったら捨てましょう。

古いものを、いつまでも着ていたら目立ちますし、「まだ着てるの?」「何年着てるの?」と思われてしまいます。

それは非常に損なので捨てましょう。

捨て時は2年です。

クリーニング屋の意見では、ワイシャツの耐久力は2年です。

意外と知らないことではありますが、クリーニング屋では有名な話の様です。

確かに2年も着れば上等のような気はします。

着る頻度にもよりますが、参考にはなります。

まとめ

こうしてみると、捨て時は多いです。

着るのが恥ずかしいと思った時は、捨て時です。

私服ではなく、ワイシャツは一般的なルールがあります。

そのルールには従い、捨てる時を守るのが重要です。




-生活・健康