素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

スマホ

【スマホ】落下して画面が割れるのを防ぐ方法は?

2017/01/03

携帯電話がガラケーからスマホに変わり、便利になりました。

ですが、スマホに変わると落下時に画面がひび割れになってしまうことが多いです。

スマホの画面は非常に割れやすく、落下の衝撃には耐えることができません。

スマホが落下して、画面が割れるのを防ぐ5つの方法を調べました。



お賽銭とは?

なぜスマホの画面が割れる?

スマホの画面は、それほど強度があるようには作られていません。

タッチパネル式なので、強度がある必要もありません。

それに、強度があるプラスチックは高価な為、非常に高いんです。

強度が高いプラスチックで優目な物は、ポリカーボネートです。

これを使用すれば、日常生活で割れることはありません。

ですが、薬品に弱いです。

少しの薬品でもボロボロと崩れていきます。

それを考えると、リスクは高いのです。

対策① 強度がある画面カバー

対策は強度がある画面カバーを使用することです。

先程名前を上げたポリカーボネートのカバーも売っています。

値段は少し高いですが、割れる心配はありません。

その他にも、粘着力があるカバーなどもあり、割れる心配は減ります。

画面を守ることは重要です。

対策② ケースを使用する

本体をそのまま使用していると、画面まで衝撃がいってしまい割れることがあります。

落下した時に、スマホカバーで衝撃を受け止めることができれば、画面は割れることはありません。

衝撃を吸収できるカバーを使用しましょう。

ゴム製のカバー、プラスチック製のカバーなど材質も沢山あり、オシャレなのも多いです。

対策③ リングをつける

スマホの裏に、使用しやすいようなリングをつけている人を見かけたことがあると思います。

あのリングは片手で操作しやすいようにしているだけではありません。

落下防止にも、一役買っているんです。

落下する時は、片手で無理に使用しようとしている時が多いです。

両手で本体を安定させ、使用している時には落下することは、ほぼありません。

その安定剤としては、非常に重要な役目を果たしています。

対策④ 首から下げる

確実に落下しない方法は、スマホを首から下げることです。

使用後、放置しても落下することはありません。

よく会社の社員が会社携帯がなくならないように、首から下げていることがあります。

イメージはあのままです。

落下もしないですし、なくなることもないです。

対策⑤ スマホを辞める

スマホの使用を辞めてみてはどうでしょうか?

スマホは便利ですが、画面が割れる以外にもリスクは非常に多いです。

価格の問題、電波の問題、スマホ依存症など、ニュースでは数多く出ています。

そんなにスマホは必要でしょうか?

なくても生活をすることはできませんか?

まとめ

スマホの画面は非常に割れやすいです。

落下しただけでも、割れる可能性が非常に高いです。

だからといって、大切に扱う物でもありません。

でも、画面が割れたら修理費に数万円必要になります。

矛盾している話ではありますが、割れないように努力するしかありません。

色々な方法を試してみることをお勧めします。


-スマホ