素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

テレビ

【テレビ】演技ができない俳優が出演している映画・ドラマを見てはいけない

2017/05/06

演技が異常に下手な俳優は非常に多いです。

ここぞとばかりに棒読みでセリフを話す。

自分が棒読みとはわかっていないので、自信満々に話す。

例え顔が写ってなくても、場の空気が壊れます。

そんな演技がヘタな俳優が出演している映画・ドラマは見てはいけないです。



演技が下手な俳優が多い芸能界

日本の芸能界には、演技が下手な俳優が異常に多いです。

理由は簡単で、顔で選んでいるからです。

顔で選ぶので、演技は二の次になります。

そうしたシステムから、演技が下手な俳優が異常に多くなってしまうのです。

しかも、顔だけでキャスティングをするので、どの映像作品を見ても、下手です。

棒読みだらけで、その下手さが普通になってきます。

日本の映画・ドラマが進展しないのは、これが原因です。

場の空気をぶち壊すド素人俳優

映画やドラマは脚本の流れが非常に大事です。

悲しい雰囲気なら悲しい演技を、嬉しい雰囲気なら嬉しい演技をしなければなりません。

それができないから、場を壊す演技が下手な俳優がいるのです。

演技ができない俳優に限って、「自分はできる」と錯覚をしていることがあります。

世論の意見も無視し、下手なまま成長がないんです。

いつ見ても下手なまま、そんな俳優に需要があるのか疑問ですが、下手でも需要があるから異常になってきています。

自分の演技を見ないのか、出演しているだけで満足なのか、下手さは異常です。

どんな役をやっても同じ

下手な俳優はボキャブラリーがありません。

色んな映画・ドラマに出演しても、どんな役柄をやっても同じです。

いつも同じ役柄と思うぐらい、単調で同じ演技をします。

声のトーンも同じで、何の感情も入っていないセリフの言い回し。

毎回、キャスティングミスと叩かれる俳優も多いですが、それでもキャスティングします。

誰が見るのかはわかりませんが、キャスティングミスの映像作品は多いです。

誰がどう見てもミスなのに、それで決まってしまうのです。

台本ではなく、キャスティングを見直すべきです。

メインが下手で、周りで固める日本の作品

日本の映像作品の特徴は、メインが下手です。

その下手さをカバーするように、周りに演技ができる人を固めます。

いかにもメインは釣りの俳優で、演技でなくて顔で選びましたというキャスティングを行います。

このメイン下手なので、どの場面も締まらない映像になります。

下手な俳優に限って、メインなのでどの場面も出ているのです。

映画で1時間半、お金を払って学芸会の作品を見なければなりません。

お金を払う価値はあるのでしょうか?

まとめ

日本の映像作品は、演技が下手すぎます。

キャスティングミスと書かれ、日本の作品は見るなと書かれても、同じことの繰り返しです。

一度でいいので、全員が演技ができる俳優で固めて欲しいです。



-テレビ