素朴な疑問解決サイト

生活している中の小さな疑問を解決します。

PC

【パソコン】ショートカットキーを多用して仕事の効率を上げる

2016/12/03

パソコンのショートカットキーは使用していますか?

周りの事務の人を見ていると、ほとんど使用していないのが目につきます。

確かにマウスでパソコンを操作すれば、できない操作はありません。

ただし時間がかかります。

仕事の大半はパソコンになり、パソコン操作が早くなれば、仕事の効率が格段に上がります。

仕事の効率を上げるために、パソコンのショートカットキーをまとめました。




コントロール(Ctrl)キー

a、Ctrl+Z 1つ前の操作に戻る

b、Ctrl+X 切り取り

c、Ctrl+C 貼り付け

d、Ctrl+V コピー後、貼り付け

e、Ctrl+A 全て選択

f、Ctrl+F 検索ウインドの呼び出し

g、Ctrl+Tab アプリケーションの切り替え

Ctrlキーを使用するものの代表的なものは、上記7点です。

コピーアンドペーストは最低でも使いましょう。

全選択、アプリケーションの切り替えはよく使用します。

意外と知っている人は少ないです。

Altキー

a、Alt+Tab ウインドの切り替え

b、Alt+F4 ウインドを閉じる

c、Alt+← ページを戻る

d、Alt+→ ページを進める

Ctrlキーよりマイナーなボタンなので、使用頻度は少ないです。

ですが、ショートカットキーが設定されているということは、便利で使えるということです。

ウインドの切り替え、進む、戻るは非常に便利です。

Windowキー

a、window+E エクスプローラを起動する

b、window+D デスクトップを表示する

c、window+W ウインドを閉じる

d、window+L コンピュータをロックする

e、window+M 全てのウインドを最小化する

f、window+Shift+M 最小化をキャンセルする

g、window+F ファイルの検索

windowを使用したショートカットキーも非常に多いです。

基本的には、ソフトではなく、ハード側での使用になります。

検索やウインドを閉じること、コンピュータのロックなど、豆知識ではないですが、

ショートカットを使用すれば一瞬で終わることです。

働いていたりすると、実はロックキーが重要になってきます。

パソコンを一瞬でロックできれば、機密事項も守れます。

重要なショートカットです。

まとめ

ショートカットは仕事をする上では重要です。

限られた時間の中で、どれくらい仕事ができるかは、仕事ができるかの評価につながります。

やはり仕事ができる人は、時短のためにショートカットを多用します。

少しでも覚えて、使用することをオススメします。




-PC